喧嘩に隠された彼女の本音

喧嘩に隠された彼女の本音

喧嘩に隠された彼女の本音

年齢

40代前半

相手の年齢

40代前半

職業と住んでるところ

愛媛県 フリーランスのシステム・エンジニア

相手の職業と住んでるところ

高知県 カフェ店長・オーナー

趣味

フィギア造形

相手の趣味

ネット将棋

体験談

彼女とはネットで知り合いました。
数年に渡るネットでの交流を経て、お互いが無くてはならない存在だと気付き、彼女からの告白で交際が開始しました。
僕はフリーのシステムエンジニアで彼女はカフェの店長兼オーナーであったため、忙しい彼女に合わせてデートは主に彼女の自宅で行っていました。
ネットでの交流も長かったので、お互いに尊重しあい、思いやり合える関係を築けていたと思っています。
しかし、徐々に彼女が不機嫌になり始めてきたのです。
何かと僕に八つ当たりしたり、イライラしては喧嘩越しに話をしてきたりと・・・
最初のうちは、仕事のストレスでも溜まっているのかなと思っていたのですが、あまりに彼女のヒステリックな態度が続いたので、僕も不愉快になってきました。
別れる前には、一緒に居てても、お互いの趣味をそれぞれして、会話もほとんどありませんでした。
別れは彼女から告げられました。
僕も疲れきっていたので、別れに承諾して比較的円満に別れました。
けれど、別れてから間もなく、僕は後悔の念に苛まれるようになったのです。
彼女の存在が自分にとってどれだけ大きかったのか別れてから気付いたんです。
彼女のいない日々にポッカリと大きな穴が開いたようでした。
僕は復縁を決意し、別れさせ屋、探偵事務所浮気調査などを検討した結果、やはり復縁のプロである復縁屋に依頼をしました。
復縁屋に依頼したのは、彼女と喧嘩が増えてしまった理由がまるで分からなかったからです。
プロに依頼すれば、別れの原因が解明出来ると思ったのです。
まずは、僕のカウンセリングから始まりました
そして、「本当に復縁したいのか」を何度も確認させられました。
復縁の意思が強くないと同じ事の繰り返しになってしまうからだそうです。
このカウンセリングで、僕はさらに自分の復縁したい強い意思を認識する事ができ、復縁するために自分を変えるという覚悟も持てました。
問題の彼女のイライラの原因について、復縁工作員がカフェのお客として接近し、聞き出す事に成功しました
なんと、思いもしなかった結果が返ってきたのです・・・
彼女は結婚の価値観の違いで別れを決意したというのです。
僕に結婚の意思が確認出来なかったから、イライラが募り、別れに至ったと。
青天の霹靂とはまさにこの事です。
だって、結婚なんていう言葉は僕達の間であまり出てこなかったんですよ。
そこでまた、僕のカウンセリングが始まりました。
結婚に関して話した事があるかどうか、どんな話だったか、どんな小さな話でもいいから思い出してくださいと言われました。
記憶を辿っていくと、一度だけ、冗談半分で話をした事を思い出しました。
新婚夫婦を見て、彼女が「結婚っていいね」と話してきた事に対して僕は「結婚なんて考えられないな」と笑い流してしまっていたのです。
その時は彼女が本気で結婚について聞いてきているなんて思ってもみなかったし、仕事も安定していなかったので、「考えられない」と言ったのです。
決して彼女と結婚したくないなんて思って言った言葉じゃなかったのです。
復縁屋のアドバイザーの方は僕のこんな言葉を聞いて、「彼女の年齢を考えた事ありますか?彼女は勇気を絞ってその時質問したんですよ」と話してくれました。
結婚に対する女性の心理を丁寧に説明してもらってやっと自分のした事の大きさが理解出来ました。
軽く受け流す事自体が彼女にとって「将来を真剣に考えてもらっていない」証だったのです。
僕は自分の軽率さを反省して、彼女との将来を真剣に考えるようになりました。
復縁工作のおかげで、彼女とまたネット交流出来るまで関係が復活したので、まずは、自分の思慮の足りなさと彼女を無意識の内に傷つけていた事を謝罪しました。
始めのうちは、復縁屋さんのアドバイス通りに謝罪だけして、恋愛感情は見せないように気をつけていました。
そうしていると、彼女の警戒心が解けたのか、「店に遊びにおいでよ」と誘ってもらえたんです。
後日お店に遊びに行き、その時に、次は僕から食事に誘いました。
アドバイザーの方からGOサインが出たので、このデートで復縁を申し出る事にしました。
デート当日、彼女に将来的な話をしつつ、僕にとってどれだけ大切な存在か、結婚を前提に付き合ってほしい旨を伝えました。
彼女が泣きながら「はい」と言った時の事は忘れられません。
自分がどれだけ彼女を不安にさせていたのかをその涙で痛感したからです。
もう同じ過ちは繰り返しません。
復縁屋さんのアドバイスは本当に的確で、厳しく感じた言葉はありましたが、その厳しい言葉があったからこそ僕は復縁出来たのです。
感謝してもしきれないくらいです。
復縁屋さんのおかげで生涯を通して最も大切な人を失わずに済んだのですから。

in
別れた彼女ともう一度やり直し、結婚したい

別れた彼女ともう一度やり直し、結婚したい

別れた彼女ともう一度やり直し、結婚したい

年齢

40代前半

相手の年齢

40代前半

職業と住んでるところ

福島県 化学会社化学分析員

相手の職業と住んでるところ

茨城県 ヘア・スタイリスト

趣味

地域ボランティア

相手の趣味

アマチュア無線

体験談

6年ほど前に知り合った元カノとは、ネットで出会いました。
福島県と、茨城県といった遠距離恋愛だったのですが、それでも2人で時々出かけたりして幸せな日々を過ごしていたんです。
ですが、別れは突然やってきてしまいました。
彼女から交際が金銭的にかなり負担だから別れて欲しいといわれたのです。
確かに、福島県と茨城県という別々の地域での交際はそれなりにお金がかかっていたので、仕方がないのかなと思い別れたのですが、やはりそれでも元カノを忘れることができませんでした。
元カノと過ごした日々は本当に遠距離恋愛でも幸せで、できるものならやり直したいと切実に願う日々・・。
この気持ちをどうにかできないかと思った際に、復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所という存在を知人に教えてもらい、思い切って電話で話だけでも聞いてもらおうと思い、復縁屋に連絡してみました。
復縁カウンセラーの方の親身な対応に、私は今の状況や元カノへの復縁したい気持ちを伝えた際に、思い切って依頼工作もお願いしてみようという気持ちになり、依頼してみることにしたんです。
最初は依頼する気持ちはなく、ただ私の復縁に関する気持ちを聞いてもらうだけのつもりだったんですけどね。
復縁屋の調査の方は、しっかりと茨城県での彼女についての浮気調査やさまざまな調査もしっかり行ってくれたのですがその調査の結果、どうやら別れの原因は金銭の負担ではなく、結婚への価値観の違いだったようです。
結婚への価値観の違いが理由だったということには、とにかく驚きましたね。別れた理由も、復縁屋の調査がなければ、発覚しなかったことだと思います。
そこで僕は、復縁屋の方と共に、元カノがどのような結婚を求めているのか、またその結婚に対して自分はどうしたらよいのかをじっくり考えることにしました。
考えた結果、僕は元カノの結婚に対する価値観を尊重し、お互い力を合わせてやはりこれからの将来共に歩んで生きたいという結論に至ることができたのです。
その際に、復縁屋の接触もあり、どうにかして元カノと話し合う機会を作ることができ、無事今ではしっかりお付き合いは継続しています。
もちろん今後は結婚も考えられているので、今は本当に幸せです。
復縁屋の復縁工作に関する様々なサポートのお陰で、このようにしっかりと彼女との結婚を考えることができ、また新たに彼女と一緒の人生を歩むことができたことを心より感謝しています。

in
自分の浮気で妻と離婚の危機

自分の浮気で妻と離婚の危機

自分の浮気で妻と離婚の危機

年齢

40代前半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

長崎県 圧延伸張エンジニア・課長

相手の職業と住んでるところ

長崎県 専業主婦

趣味

フットサル

相手の趣味

カラオケサークル主催

体験談

妻の萌とは友人の紹介で知り合いました。
萌からの猛アプローチの末、交際を開始し、結婚するまでに至りました。
妻には離婚歴があり、結婚には慎重な様子でしたが、私もそろそろ家庭を持ちたいと思っていたので、説得して籍を入れました。
結婚する際に、お互いの結婚観について話し合いをしなかった事を悔やんでいます。
妻が結婚に対してどのような考えを持っていたのかをその当時の私は知ろうともしなかったのです。
後々復縁屋のアドバイザーの方にもご指摘いただきましたが、「結婚とはこういうものだ」という型にはめた考え方をしていました。
結婚したはいいものの、二人で何かをするという事はあまりありませんでした。
独身時代が長かったせいか、自分の時間を束縛されるのが嫌で、お互いの生活を尊重しようというスタイルを貫こうとしていました。
ですので、休日は私はフットサルに出掛け、妻は趣味のカラオケサークルに出掛けて別々に過ごしていました。
ほどなくして、私は趣味を通じてある女性と知り合い、親密な仲になってしまいました。
萌の事は愛していましたし、浮気はただの遊びでした。
けれど、探偵事務所に浮気調査をされ、浮気がばれた時に萌から離婚を突きつけられてしまったんです。
浮気相手とは遊びですぐに別れる」と言っても聞く耳を持ってもらえませんでした。
自業自得とはいえどうしても萌と離婚する事なんて考えられなかったので、ネットで見つけた別れさせ屋、復縁屋さんに相談してみたのです。
カウンセリングの方には叱られてしまいました。
そして、もう裏切り行為はしないか、本当に復縁したいのかという確認を何度もされました。
確認をされる度に私は自分のした事の大きさを自覚し、復縁への思いを強めていったのです。
妻のカラオケサークルを通じて復縁工作が始まりました
萌と仲良くなった工作員の方からの報告で浮気が離婚の原因ではない事が分かったのです。
妻の萌は結婚観の違いに苦しんでいたようです。
離婚した経験から「家庭は二人で築き上げるもの。自分よりも相手を思いやれる関係を目指していた」という考えを持っていたのです。
私は妻の理想の結婚とは丸っきり正反対の事をしていたんです。
アドバイザーの方に「無責任な自由とお互いの尊重は全く違う」と言われました。
プロの方の話し合いの中で、私は家庭のために何の努力も責任も負ってなかった事に気がつきました。
まずは、自分の根本的な考え方から変える必要があったのです。

復縁屋さんのサポートのおかげで私は別人のように生まれ変われたと思います。
辛うじて同居を続けていた萌もその変化に気付いたようでした。
時間はかかりましたが、思いやり支え合いの心を大切にして信頼の回復に努めました。
無我夢中で自分と家庭の改善に力を注いでいたら、二人の間にはいつの間にか笑顔が戻っていました。
離婚の話も自然に消え、今では二人三脚の日々を過ごしています。
やはりプロの力はすごいです。
自分だけで行動していたら、妻の気持ちを知る事なく、離婚されていたでしょう。
復縁屋さんには感謝しきれない気持ちでいっぱいです。

in
千葉県と東京都という、別居状態から復縁したい

千葉県と東京都という、別居状態から復縁したい

千葉県と東京都という、別居状態から復縁したい

年齢

40代前半

相手の年齢

40代後半

職業と住んでるところ

千葉県 専業主婦

相手の職業と住んでるところ

東京都 医師(勤務医・外科)

趣味

ダイビング

相手の趣味

ダイビング

体験談

夫とは、趣味のダイビングを通じて知り合い、夫から告白されて付き合い結婚しました
夫は、医師という仕事柄とても忙しい日々を送っており、私もそんな夫をサポートしたいと思い、しっかりと夫を支えながら結婚生活を送っていました。
しかし、あるときからケンカが絶えなくなってしまい、ついには夫から別れを切り出される始末。
これには本当にショックでした・・。ですがやはり私は別れを決断することができず、とりあえず、別居するという形で収まり、その別居も1ヶ月を迎えようとしていました。
夫は東京都、私は実家のある千葉県といった、地域も異なる別居です。
別居1ヶ月という時間がすぎても、夫の別れたいという気持ちは変わらず逆に私も同様に別れたいとは思えない状態。
こんな苦しい日々がいつまで続くのだろうと思っていた時に、ふと目に飛び込んだのが探偵事務所や別れさせ屋ではなく復縁屋でした
自分ひとりではどうしようもないから、復縁のプロならなんとか助けてくれるかも!そう思い、電話をし、私の復縁したい気持ちや、復縁への思いを聞いてもらいました。
何よりも、復縁カウンセラーの方が親身になって話をきいてくれたので泣いてしまった自分にも驚きでしたけどね・・。
復縁工作もこの電話の際にお願いして、より状況を細かくお伝えしました。
数日後、復縁工作が、電話の私の話と調査を元に出来上がったのですが、その調査の結果、夫が離婚したいと思っている原因はどうやらケンカが絶えなかったという点ではなく、私自身の浮気が原因であるということが判明したのです。
実は、夫が仕事で忙しい中、1度幼なじみであった男性と食事をしたことはあるのですが、夫がそれを浮気だと勘違いしたのだと思います。夫をこれで不安にさせてしまい、私に対する信頼がなくなってしまったのであれば、本当に夫に申し訳ないことをしたなととても思いました・・。
浮気調査をしてもらい勘違いだとはっきりとさせようかとも思ったのですが、復縁屋のアドバイスにより、まずはしっかりと連絡のタイミングも見直し、内容もアドバイスどおり取り組みました。
その結果、一度お互い顔を向き合って相談しようということになり、相談する機会を無事設けてもらえたのです。
その相談の機会の際に、しっかりと幼なじみとの食事のことを中心に今までの自分の行動についても色々としっかり話し合いました。
東京都と千葉県という地域差の距離でもかなり不安があったのですが、この地域の違いを感じさせないサポートをしていただき、本当にありがたかったですね。
こういった経路を経て、今では夫と復縁を成功させることができ、今では幸せな日々を送っています。

in
元妻と復縁をして、結婚していた頃に戻りたい

元妻と復縁をして、結婚していた頃に戻りたい

元妻と復縁をして、結婚していた頃に戻りたい

年齢

40代前半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

栃木県 有名私立中学校教員

相手の職業と住んでるところ

東京都 書道教室先生

趣味

ジオラマ模型

相手の趣味

ジオラマ模型

体験談

お互いバツ1同士の私達は、ジオラマ模型という趣味を通じて知り合いました。
交際中もあまり出かけることなく、淡々とジオラマ模型を作っているというお付き合いを続け、無事にお互い再婚したのですが、元妻から自分を大切にしてくれてないということを理由に、別れて欲しいといわれてしまいました。
ですが僕自身は別れたいとは思えず、しっかりと離婚を受け止められない辛い日々を過ごしていたのです。
ですが、やはり元妻の気持ちは変えることができず、離婚が成立してしまいました。
そんな際に、復縁工作に定評がある復縁屋・別れさせ屋、浮気調査を行う探偵事務所の存在を知りました。
正直、この年齢にもなってお恥ずかしい話でなかなか相談の電話をかけにくかったのですが、やはり復縁への気持ちは募るばかり。
思い切って勇気を振り絞り、復縁屋に電話をしてみたんです。
復縁屋のカウンセラーの方と話をしているときはもう何といっても復縁したい気持ちが途切れることなくずっと相談させていただいていました。この際に復縁工作への依頼も決めることに。
僕自身は、栃木県に住んでいるのですが元妻は東京都に住んでいるということもあり、調査などの面は大丈夫なのかと不安はありましたが、さすが復縁屋ですね!地域を問わずしっかりと調査をしてくれたのには、驚きました。
自分ひとりではできなかったと思います。どうやら調査の結果、元妻の本当の離婚の原因は、自分が異性としての魅力を感じなくなったのが原因なようでした。
確かに、仕事が忙しくなる一方で、最近は身だしなみはもちろんのこと、心使いも一切なく、本当に魅力がなくなったと感じられても当然だと思えるような生活を送っていたと今ではよくわかります。
まずは、魅力をまた感じてもらえるように、身だしなみも、調査の結果からわかった今の元妻の好みを取り入れたりと、様々な努力を復縁屋のサポートとともに行いました。
タバコを吸うのもやめ、お酒浸りな日々も改善しましたが、やはりこういった習慣化されているものはやめるのは辛かったです。
1人ではこれは絶対成し遂げれなかったと思います。
元妻から、また妻へ戻ってきてくれたことに本当に感謝です。
そんな努力の結果が見た頃、東京都へ仕事の関係で出張する機会があったので、その際に元妻と食事をする約束を取り付けることができました。その際に、やり直してほしい旨を伝えた際、自分の変化を元妻も感じ取ることができたのか、また結婚生活をリスタートさせるOKの返事をもらえたのです!
おかげさまで、復縁屋のお陰で僕の人生がまた幸せな方向へ進むことができました。

in