年下の元夫と復縁したい

年下の元夫と復縁したい

年下の元夫と復縁したい

年齢

30代前半

相手の年齢

20代後半

職業と住んでるところ

茨城県 化学分析員

相手の職業と住んでるところ

栃木県 化学分析員

趣味

インターネット小説(SS)投稿

相手の趣味

インターネット小説(SS)投稿

体験談

元夫とは、共通のインターン手と小説(SS)投稿という趣味を通じて7年ほど前に知り合いました。
お互い化学分析員という同じ職業柄からも意気投合し、相手から告白をされ、無事結婚までたどり着いたのですが、元夫の浮気が原因で離婚する結末となってしまったのです。
年齢も私のほうが年上で、元夫のほうが年下。こういった面もネックだったのかもしれません。
今は、私は茨城県で、夫は栃木県で仕事をしているのですが、私は別れた後もやり直したい気持ちで一杯でした。
ですがこの地域差もあり、どうしようもない状態が続いていたのです。
そんな矢先、ふと復縁屋さんのことを耳にしたんです。
これがまさに人生を好転させるきっかけとなったのですが、なぜだか私は普段なら絶対に相談しないであろう復縁屋さんにこのときはすぐ思い立って電話で相談をしていたんですよね。
自分の復縁したい気持ちをとにかく切実に復縁カウンセラーの方に聞いてもらっていました。
その際に、別れさせ屋や探偵事務所ではなく復縁屋に復縁工作をお願いしてもらうことを決めたのです。
地域が異なる元夫のへの調査も綿密に行っていただき、私の今の状況にまさにぴったりの復縁工作を作ってもらえたときは本当に驚きましたね。
また、浮気調査の結果元夫は浮気をしたというわけではなく、私との交際に負担を感じていたようでした。
確かに、私のほうが年上ということもあり、夫には色々ときつくあたってしまったこともありましたし、厳しい面もあったと今ではかなり反省しています。
この自分の性格をまずはしっかりと改善させることがとても大切だということを指摘され、しっかり自分のこの性格を改善させるように努力を開始しました。
この努力も、意外と簡単なのでは?と思いがちですがなかなか難しいんですよね・・。時にはイライラしてしまい、復縁屋のサポートしてださっている方にも本当に迷惑をかけました・・。それでも粘り強くしっかりと私をサポートしてくれたのは本当にありがたかったです。
共通の化学分析員の研修の際に、元夫と再会し、その際に久しぶりに話をした際に色々と話し合うことができたのですが、
その際に、夫のほうからやり直してもらえないかと話をふってもらえました。
これには本当にびっくりです。これは、夫側に対しても復縁屋の工作員の方がいろいろと動いてくれたお陰もあると思います。
このお陰で今では夫としっかり復縁し、お互いよきパートナーとして生活しています。
仕事の関係上、今はまだ別の地域で住んでいるのですが、今度の異動で、夫の地域で一緒の家に住む予定です!

in
仲良し夫婦の落とし穴・・・。別れさせ屋大活躍!

仲良し夫婦の落とし穴・・・。別れさせ屋大活躍!

別れさせ屋なんて知らなかった妻とは結婚5年目、ケンカもほとんどなく今でも一緒のベッドで寝ていて、セックスも週に一度は必ずしていました。
私は妻のことが大好きで、妻以外の女性など目に入らないほどだったんです。もちろん、同僚に風俗やデリヘルに誘われても断っていました。
そんな私の愛情を、もちろん妻はしっかりと受け止めてくれていました。子どもはまだいませんでしたが、いつか授かるであろう未来の我が子のために、今から名前を2人であれこれ考えては、改めて幸せを感じる日々でした。
浮気とか離婚なんていう言葉は、私たち夫婦の間では、まるで別世界の言葉であるかのようにすら思っていたのに・・・。妻は貞淑な女性であり、パートに出る数時間以外は常に家にいて、家事を完ぺきにこなし、仕事で疲れて帰宅した私を美味しい食事と笑顔で癒してくれていました。
友だちが少ないと自分で言っていたが、実際に私以外の誰かと出かけるというようなことは皆無でした。友だちとランチに行くとか飲みに行くことはおろか、ショッピングに出かけることすらなかったんです。私は、そんな妻を持ったことで、不倫やら何やらに悩む知人たちを他所に安心感に満ちた結婚生活を謳歌していました。妻は、私だけのものであり、私は妻だけのものであると、本気で信じていたほどです。妻の浮気?そんなある日、いつも在宅時はリビングに置きっ放しの妻のスマホが、ないことに気づきました。妻はキッチンで夕食の後片付けをしており、その後ろ姿はいつも通りの妻のものだったのですが何か違和感は感じたのですが、私はそれ以上は何も考えませんでした。
思えば、この時すでに浮気が開始されていたのだと思います。この時を境に妻は、スマホを肌身離さず持ち歩くようになりました。
私は、妻になんとなく「最近、スマホいつも持ち歩いてるね」と聞いてみると妻は一瞬表情を曇らせ、「なんでもないよ」と答えました。
それ以上追求することはしませんでしたが、それでもスマホを持ち歩く妻に、このときの初めて、ほんのわずかの疑念が湧いたのです。それでも、浮気をしているなどとは思わず、むしろあらぬ誤解を避けるための妻なりの防御策なのだと、都合良く解釈していた私でした。しかし、それは大きな間違いだったのです。数日後、妻は入浴中だったので何の気なしにスマホの画面を覗き込むと、たまたまスマホの画面に受信したメッセージが表示された。「また2人で行こうね」差出人は男性の名前。
最初、私はその文面が何を意味するのか理解出来ませんでした。
ここで何となく妻が浮気をしているのではないかということに気付いたのです。
気づけば妻が立っており、妻から1ヶ月ほど前から、その男性と浮気をしているということを告白したのでした。離婚をしてもいいとまで言い切っていたほど、その浮気相手を愛しているとまでも・・・。

ですが、私自身は妻とは別れたくないですし、そのまま妻と結婚していたい・・・。復縁したい・・・。そう思いかなり悩んだ時にふとネットで、復縁屋やら別れさせ屋を知りました。

別れさせ屋に妻と浮気相手の別れさせ屋工作を依頼

ここしかもう依頼をすることができなさそうだ・・・そう思い、別れさせ屋に妻と浮気相手の浮気調査と別れさせ屋工作を依頼しました。
依頼をすることで、しっかりと別れさせ屋工作にいる工作員がなぜ妻が浮気をしたかという原因や情報をリサーチしてくれたので、本当に助かりました。
妻の浮気の原因は、実は妻だけではなく私にもあり、私にはない浮気相手の男らしさに妻は惹かれたようでした。
別れさせ屋工作を進めてもらいながらも、自分自身も変わろうと思い私自身も最初大変でしたが言い方は複雑ですが、浮気相手の男のような男らしい男性の変わろうと努力を開始したのです。

別れさせ屋工作開始妻は、その間もその男性との浮気が続いていたのですが、それでも自分自身は努力をしました。
最初はこんなことをしても無理だろうと思っていたのですが、別れさせ屋工作が着々と時間が経過するごとに結果として、目の前の変化が表れてきたことには驚きましたね。
あんなに連絡をこっそりとっていた男性との連絡も日に日に少なくなり、気づけば妻自体が何となく、男性に興味を抱かなくなっているようでしたし、おそらく男性も他の女性に興味をもったのかな?と思えるほどこっそり見た妻のスマホでは、連絡内容の乏しさをかんじましたし。

努力と、別れさせ屋のおかげで、今では妻は浮気相手の男性とは関わらず、離婚したいといっていた時期が嘘のように夫婦仲良く生活することができています。
ここまで夫婦仲良く生活をすることができる状態に戻ることができるとは思っていなかったので、別れさせ屋に依頼をして本当によかったです。

別れさせ屋、復縁屋、浮気調査体験

復縁屋が紹介する復縁したい体験談。誠実さが取り柄の夫がまさかの裏切り

復縁屋が紹介する復縁したい体験談・夫の浮気心がうまれた瞬間を目撃

デリヘル嬢と浮気していても妻とエッチできる男性の心理

復縁屋が紹介する復縁体験談:復縁屋のおかげで再度お互いを想い合えました

in
仕事の忙しい彼とのすれ違い

仕事の忙しい彼とのすれ違い

仕事の忙しい彼とのすれ違い

年齢

30代前半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

高知県 保育士(保母)

相手の職業と住んでるところ

福岡県 家具製造・職人

趣味

ミニ家具作り教室参加

相手の趣味

ミニ家具作り教室主宰

体験談

家具職人の彼とは彼が主催しているミニ家具作り教室に私がたまたま参加した事で知り合いました。
教室に何度か通うようになってから、彼からデートに誘われ、そのまま流れで交際が始まりました。
私は高知県で保育士をしており、彼は福岡県で仕事をしていたので、最初は遠距離恋愛でした。
実は彼には子供が一人おり、そのせいもあって遠距離が困難になったので、私が彼の家に転がり込む形で同棲がスタートしました。
幸い、彼の子供も懐いてくれたため、同棲生活にこれといった問題はありませんでした。
ただ、同棲生活が半年ほど過ぎてきたあたりから彼の仕事が忙しくなってきたんです。
最初は寂しさもありましたが、仕事だからと言い聞かせて我慢していました。
けれど、我慢も限界になってきたのか、次第に私は明るく振る舞えなくなってきたのです。
福岡という知らない土地になれていなかったせいも大きかったと思います。
彼に対してもわがままが多くなってきてしまいました。
そんなある日、つい寂しさから彼と喧嘩してしまい、「もうちょっと私の事気にしてよ」と言ってしまったんです。
彼は怒りもせず、悲しい顔で「ちょっと考えさせて」と言ってきました。
その時の彼の顔は今でも忘れられません。
ほどなくして、彼から「仕事で構ってあげられない。これ以上辛い思いをさせたくない」と別れを告げられてしまいました。
私は「大丈夫。寂しくても一緒にいたい」と説得しましたが、彼の決意を変える事は出来ませんでした。
同棲を解消してから毎日泣き続けました。
しかし、泣いてばかりでは、彼は戻ってこないって気付いたんです!
私はこんな弱い自分自身を変えるためにもカウンセリングも行ってくれる復縁屋さんに復縁依頼をしました。
思った通り、まず私自身のカウンセリングをしてもらいました
最初のカウンセリングは復縁したいという意思の強さの確認でした。
後々アドバイザーの方に聞いたのですが、相談してきた当時の私は自信をなくして非常に弱々しく感じたようです。
復縁したいのも、彼が大切なのか失恋が辛いだけなのかはっきりさせた方が良いと判断されたという事でした。
アドバイザーの方の読み通り、意思をはっきりさせた事で、私の中に強さが芽生えてきたのです。
私の弱さを改善するためのカウンセリングとともに、復縁工作も始まりました。
工作員の方が客を装って彼に接触してくれたのです。
そこから浮気調査などいろいろな調査をしていただき、彼の本音を知る事が出来ました。
彼は本当に私の事を思っていてくれて「自分の子供と二人きりにさせるのも申し訳ない。彼女を幸せにする自信がなくなった」と話していたようです。
私の自信のなさが彼の自信を奪っていたんだと気付く事が出来ました。
もっと強くなろうと思い直せたのです。
幸い、彼とは連絡を取り合える仲ではあったので、アドバイザーの方の指示にしたがってメールのやり取りを続けていきました。
彼に子持ちという引け目があったという事もあり、復縁屋さんからはお子さんへの気遣いも示してくださいとアドバイスを受けていたので、「子供は元気かな?また会いたいな」と伝えました。
それが好印象だったのか、彼から家具作り教室へのお誘いがあったんです。
家具教室に参加した後、彼に当時の私は弱かった事、彼と一緒にいれてどれだけ幸せだったのか笑顔で話しました。
私の様子に彼は「なんか明るくなったね」と驚いていたんですよ。
自分改造計画が成功したんだと、心の中でガッツポーズをしたのを覚えています。
何度かデートを重ねた後、彼からの告白で復縁する事になりました。
私が自分に自信を取り戻せて変われたのは、復縁屋さんのおかげです。
相談していなかったら、今頃まだ一人で泣いていたと思います。
的確なカウンセリングとアドバイスで私を成長させてくれた復縁屋さんには感謝しきれません。このような問題には、復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所など専門の業者は非常に頼りになる存在だと思います。

in
別居半年の夫と、復縁したい

別居半年の夫と、復縁したい

別居半年の夫と、復縁したい

年齢

30代前半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

青森県 自動車整備

相手の職業と住んでるところ

青森県 バイク販売店経営

趣味

猫と戯れる

相手の趣味

バイクサークル主催

体験談

夫の悠太との出会いのきっかけはネットでした。
2人とも、同じ青森県内で比較的近い地域に住んでいたということもあり、メールでのやりとりで盛り上がって7年半前に会うことになったのがきっかけだったんです。
そこからだんだん、遊ぶようになり、自分から告白をして付き合い、結婚したんです。
結婚してからも本当に幸せな日々を過ごしていました。
私は自動車整備関係の仕事に就きながらも、夫のために一生懸命家事に取り組みました。
その反面、夫はバイク販売店を経営していることから、夫も毎日が多忙でした。
また、バイクサークル主催という趣味ももっていることから、休日もバイク漬けの日々。
そんな忙しい日々を過ごしていた夫から、急に半年前に結婚している状態が精神的に負担だから別れて欲しいといわれてしまったんです。
この話を持ちかけられたときは本当にショックでした。
当然私は、別れたくありませんでした。なので一旦話し合い、お互い別居をとりあえずして考えようということになったんです。
別居中も、私は復縁したい気持ちは変わることがなかったので、何度も夫と連絡を取り、復縁を申し出ました。
ですが夫は拒否。もう、どうしたらいいのかわからない状態でしたね。
そんな、八方塞の中、私はふとネットで復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所さんの存在を知ったのです。
私のような復縁したい状況が、うまくいかずどうしたらいいのかわからない方へ、適切な復縁工作によるサポートをしてくれるということを知って、復縁屋しかないと思ったんです。
すぐに電話をし、相談し、復縁サポートをお願いすることにしました。
私にあった復縁工作を作成してもらう際に、浮気調査など様々な調査をしてもらったのですが、やはりこの調査の結果も夫は精神的に結婚状態が負担で別れたいという理由は変わりありませんでした。
これには本当にショックでしたね・・。
ですがショックを受けているだけでは、何も状況は解決しないと思い、復縁屋さんの復縁工作をしっかり取り組むことにしました。
まず、これで気づけたことは、私も仕事をしているのに、夫は何もしていないのを理由に、家で夫に家事を無理に押し付けたりしている部分も問題であるということが判明しました。
夫の多忙な日々を見ていたのに、私は自分勝手に自分が面倒な家事は夫にやらせようとしていたのです。
この性格スタイルも復縁屋さんの的確なアドバイスだったと思います
また、別居しているにもかかわらず、かなりしつこく連絡をしていたのも、良くなかったようです。
復縁屋さんが提示したペースでの連絡頻度を守り、復縁屋さんの復縁工作員の方の協力と共に、夫へのアプローチをかけたところ、しばらくして夫と無事、夜にご飯を食べて話し合う機会を設けることができたのです!
これは、本当に自分ひとりの時には信じられない展開でした。
この話し合いの際に、復縁屋さんから指摘された私の夫への家事の押し付け等などに対しても、しっかり謝罪し、気持ちを伝えることができ、無事夫との復縁を成功させることができたんです!
今では、お互い多忙ということもあり、助け合いつつ、青森県内の比較的近い観光スポットへ一緒にツーリングしたりして幸せな日々を過ごしています。
復縁屋さんのお陰で、このような穏やかな生活を送ることができるようになりました。
本当に感謝しています!

in
同棲がきっかけで喧嘩が絶えなくなった

同棲がきっかけで喧嘩が絶えなくなった

同棲がきっかけで喧嘩が絶えなくなった

年齢

30代前半

相手の年齢

20代後半

職業と住んでるところ

香川県 薬剤師

相手の職業と住んでるところ

愛媛県 MR(医薬情報担当者)

趣味

ガーデニング

相手の趣味

ダーツ

体験談

彼とは友達の紹介で知り合いました。
私は薬剤師で彼はMRという事から、お互いに仕事への理解もあり、話も合ったので、数ヶ月後に私から告白をして交際が始まりました。
けれど、香川県と愛知県という中距離の恋愛だった事に加えて、お互いに仕事も忙しかったため、程なくして同棲生活が始まりました。
同棲し始めの頃は、ちょっとした新婚気分で二人の仲も深まったように思えました。
彼のMRという仕事は時間が不規則でストレスも溜まる職種だったので、出来るだけ私がサポートしてあげなきゃと感じて、家事のほとんどは私が受け持っていました。
同棲を始めて数ヶ月は彼に尽くしている自分に満足していましたが、徐々に不満も溜まり始めてきました。
自分から進んで家事をやっていたのに、それを負担に感じるようになったのです。
私の仕事もちょうど忙しくなり、たまには家事を手伝ってほしいと思っていたのですが、なかなか言葉で伝える事ができず、そのイライラが態度になって表れていたようです。
また、休日はゆっくり二人で過ごしたいと思っていたのに、彼は休日のたびに友達と趣味のダーツを楽しみに行っていました。
寂しさもあったと思います。
次第に彼の粗探しばかりしては、喧嘩をふっかけるようになり、顔を合わせれば喧嘩になるという日々になりました。
その時の私は、「どうして私の気持ちを分かってくれないんだろう」「どうしてもっと私を大切にしてくれないんだろう」という気持ちでいっぱいだったと思います。
そんな生活が続いていたある日、彼から急に別れを告げられました。
理由は「交際が精神的に負担になった」というものでした。
私は自分が我慢していたと思っていたので、別れの理由に納得出来ず、問い詰めたりしてしまいましたが、結局彼は家を出ていってしまったのです。
確かに喧嘩の日々に私も疲れていました。
けれど、私は私なりに彼に尽くしてきたので、どうしてこうなったのか頭はパニック状態になってしまいました。
ですが、確信が持てた事が一つあります。
それは彼は私にとってかけがえのない存在だという事、彼と復縁したいという事です。
復縁したいという思いは強かったのですが、どうすれば分からずにいた所、復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所、浮気調査などさまざまな専門の業者さんの存在を知りました。
私はその中から藁にもすがる思いで、復縁屋さんに相談を持ちかけました。
すぐに復縁工作に取り掛かってくれると思っていたのですが、意外にも私のカウンセリングから始まりました
「そんな事なんの意味があるのか」と思っていましたが、程なくしてその重要性を実感したのです。
カウンセリングを受ける事で自分の至らなかった点が浮き彫りになりました。
私は「彼のため」と行動してきたつもりでしたが、実際のところ自分の事しか考えていなかったのです。
彼が本当に望んでいる事を考えずに、自分の気持ちばかり押し付けては満足していた事をカウンセリングを受けて初めて痛感したのです。
また、男の人に察知してほしいというのは女性のエゴだという事も理解しました。
さすが、恋愛のプロだと思うようなアドバイスをたくさんいただき、私も心を入れ替えるようになりました。
それと平行して、復縁工作が始まりました。
工作員の方が彼に接近して、本音を引き出してくれたのです。
アドバイス通り彼はどうして私がイライラしているのか分からなかったようです。
また、私の好意も押し付けのように感じていた節があった事をこの工作を通して知りました。
知った時はもうほんとに愕然としました。
自分がよかれと思っていた事がマイナスに働いていたなんて・・・
落ち込む私を復縁屋さんはしっかりサポートしてくれました。
変わる決心をして、復縁屋さんのアドバイス通りに自分の言動を変えていきました。
復縁工作のおかげで彼と二人で食事をしたりする仲にまで戻れた頃、彼から意外な言葉をもらったんです。
「彩乃はほんと変わったな。今なら上手くやっていける気がするのに・・・」と。
このチャンスを逃す訳にはいかない!と感じ、私はすかさず今までの反省や後悔を話し、彼に謝罪しました。
彼は真剣に話を聞いてくれて、最後に「じゃあ、もう一回やり直してみようか」と言ってくれたんです。
嬉しさのあまり泣いてしまったのを今でも覚えています。
復縁できた今も、復縁屋さんから頂いたアドバイスは本当に役立っています。
「何かあれば言葉にして話し合う」当たり前のようで難しい恋愛の基本を守る事で、彼とは本当に良い関係を続ける事が出来ています。
復縁屋さんに相談した事で、彼に愛され、彼を愛する自分に変わる事が出来たのです。

in