喧嘩に隠された彼女の本音

喧嘩に隠された彼女の本音

喧嘩に隠された彼女の本音

年齢

40代前半

相手の年齢

40代前半

職業と住んでるところ

愛媛県 フリーランスのシステム・エンジニア

相手の職業と住んでるところ

高知県 カフェ店長・オーナー

趣味

フィギア造形

相手の趣味

ネット将棋

体験談

彼女とはネットで知り合いました。
数年に渡るネットでの交流を経て、お互いが無くてはならない存在だと気付き、彼女からの告白で交際が開始しました。
僕はフリーのシステムエンジニアで彼女はカフェの店長兼オーナーであったため、忙しい彼女に合わせてデートは主に彼女の自宅で行っていました。
ネットでの交流も長かったので、お互いに尊重しあい、思いやり合える関係を築けていたと思っています。
しかし、徐々に彼女が不機嫌になり始めてきたのです。
何かと僕に八つ当たりしたり、イライラしては喧嘩越しに話をしてきたりと・・・
最初のうちは、仕事のストレスでも溜まっているのかなと思っていたのですが、あまりに彼女のヒステリックな態度が続いたので、僕も不愉快になってきました。
別れる前には、一緒に居てても、お互いの趣味をそれぞれして、会話もほとんどありませんでした。
別れは彼女から告げられました。
僕も疲れきっていたので、別れに承諾して比較的円満に別れました。
けれど、別れてから間もなく、僕は後悔の念に苛まれるようになったのです。
彼女の存在が自分にとってどれだけ大きかったのか別れてから気付いたんです。
彼女のいない日々にポッカリと大きな穴が開いたようでした。
僕は復縁を決意し、別れさせ屋、探偵事務所、浮気調査などを検討した結果、やはり復縁のプロである復縁屋に依頼をしました。
復縁屋に依頼したのは、彼女と喧嘩が増えてしまった理由がまるで分からなかったからです。
プロに依頼すれば、別れの原因が解明出来ると思ったのです。
まずは、僕のカウンセリングから始まりました。
そして、「本当に復縁したいのか」を何度も確認させられました。
復縁の意思が強くないと同じ事の繰り返しになってしまうからだそうです。
このカウンセリングで、僕はさらに自分の復縁したい強い意思を認識する事ができ、復縁するために自分を変えるという覚悟も持てました。
問題の彼女のイライラの原因について、復縁工作員がカフェのお客として接近し、聞き出す事に成功しました
なんと、思いもしなかった結果が返ってきたのです・・・
彼女は結婚の価値観の違いで別れを決意したというのです。
僕に結婚の意思が確認出来なかったから、イライラが募り、別れに至ったと。
青天の霹靂とはまさにこの事です。
だって、結婚なんていう言葉は僕達の間であまり出てこなかったんですよ。
そこでまた、僕のカウンセリングが始まりました。
結婚に関して話した事があるかどうか、どんな話だったか、どんな小さな話でもいいから思い出してくださいと言われました。
記憶を辿っていくと、一度だけ、冗談半分で話をした事を思い出しました。
新婚夫婦を見て、彼女が「結婚っていいね」と話してきた事に対して僕は「結婚なんて考えられないな」と笑い流してしまっていたのです。
その時は彼女が本気で結婚について聞いてきているなんて思ってもみなかったし、仕事も安定していなかったので、「考えられない」と言ったのです。
決して彼女と結婚したくないなんて思って言った言葉じゃなかったのです。
復縁屋のアドバイザーの方は僕のこんな言葉を聞いて、「彼女の年齢を考えた事ありますか?彼女は勇気を絞ってその時質問したんですよ」と話してくれました。
結婚に対する女性の心理を丁寧に説明してもらってやっと自分のした事の大きさが理解出来ました。
軽く受け流す事自体が彼女にとって「将来を真剣に考えてもらっていない」証だったのです。
僕は自分の軽率さを反省して、彼女との将来を真剣に考えるようになりました。
復縁工作のおかげで、彼女とまたネット交流出来るまで関係が復活したので、まずは、自分の思慮の足りなさと彼女を無意識の内に傷つけていた事を謝罪しました。
始めのうちは、復縁屋さんのアドバイス通りに謝罪だけして、恋愛感情は見せないように気をつけていました。
そうしていると、彼女の警戒心が解けたのか、「店に遊びにおいでよ」と誘ってもらえたんです。
後日お店に遊びに行き、その時に、次は僕から食事に誘いました。
アドバイザーの方からGOサインが出たので、このデートで復縁を申し出る事にしました。
デート当日、彼女に将来的な話をしつつ、僕にとってどれだけ大切な存在か、結婚を前提に付き合ってほしい旨を伝えました。
彼女が泣きながら「はい」と言った時の事は忘れられません。
自分がどれだけ彼女を不安にさせていたのかをその涙で痛感したからです。
もう同じ過ちは繰り返しません。
復縁屋さんのアドバイスは本当に的確で、厳しく感じた言葉はありましたが、その厳しい言葉があったからこそ僕は復縁出来たのです。
感謝してもしきれないくらいです。
復縁屋さんのおかげで生涯を通して最も大切な人を失わずに済んだのですから。

in
元妻とやっぱり復縁をし、再度やり直したい

元妻とやっぱり復縁をし、再度やり直したい

元妻とやっぱり復縁をし、再度やり直したい

年齢

40代後半

相手の年齢

40代前半

職業と住んでるところ

秋田県 部品会社社長

相手の職業と住んでるところ

山形県 スナック経営・たまにモデル

趣味

クラブイベント

相手の趣味

フィギア造形

体験談

ネットで知り合った妻とは、出会いから交際までわずか1年ほどで結婚しました
しかし、探偵事務所の浮気調査により妻の浮気が発覚し、それが原因で自分が耐えられなくなってしまい別れることに
子供も1人いたのですが、子供も自分が引き取りました。
その後は、自分は秋田県に残り、妻は実家がある山形県に帰省しスナック経営とたまにモデルを務めているといったお互いの人生を歩んでいたのです。
ですが、離婚をして2年ほど経った今でも、自分は離婚してしまった元妻とヨリを戻したくて仕方がありませんでした。
相手の浮気が原因だとしても、やはりやり直したくて仕方がないのです。
そんなふがいない気持ちで日々を送っていた時、知人が復縁屋、別れさせ屋さんを教えてくれたのです。
復縁したいのなら、復縁工作をと思っていた矢先のことでしたので、復縁のプロフェッショナルの存在があるということを
知ったのはとてもありがたかったです。
さっそく電話をし、自分の状況や、復縁への気持ちを伝えました。復縁工作をしてもらう上で、妻にたいする調査もしっかりと行ってもらえたのがありがたかったですね。
調査の結果、妻は幸いにも再婚をしている形跡もなく、お付き合いしている方もいないようだったので、これには本当に安心しました。
工作員の方が妻の経営しているスナックにいき、妻が自分の元へ気持ちが戻ってくれるようにしっかりとサポートしてくれましたし、その最中に自分のほうも、妻が戻ってきてくれるような魅力的な男性になれるように、努力をはじめました。
思えば、妻が浮気をしてしまったのも、自分の魅力のなさが原因だったと思います。
結婚してからは、身なりに気を使うこともなくなっており、妻への態度もひどいものだったと思いますしね。
自分への改善も、復縁屋さんのアドバイス通りしっかりと徹底して取り組むことができたのは本当によかったと思っています。
ようやく自分に自身が持てた矢先、妻のスナックへ出向いてみたのです。
その際に妻は驚いていましたが、お互い初めて以前よりもとてもじっくりと話し合いをすることができました。
このお陰で今では、自分と妻、子供と共に、新しいスタートを切ることができそうです。
復縁屋さんの粘り強いしっかりとしたサポートのお陰です。ありがとうございます。
自分と相手の地域が異なってもこのように対応してくれるとは思ってもみなかったので、本当に感謝で一杯です。

in
家族の反対で破局

家族の反対で破局

家族の反対で破局

年齢

30代後半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

大分県 一級建築士

相手の職業と住んでるところ

宮崎県 美術会社スタッフ

趣味

仕事

相手の趣味

異業種交流会参加

体験談

一度結婚に失敗している僕は恋愛に消極的になっていたのですが、不思議とネットで知り合った有希とはすぐに打ち解けました。
建築士の僕と美術会社に勤める有希は芸術つながりで話もあい、お互いになくてはならないパートナーだったと思っています。
少し家が離れていた事もあり、交際して間もなく同棲生活になりました。
僕自身は趣味も仕事という根っからの仕事人間で、家事などはほとんど有希に任せっきりでした。
仕事も忙しく構ってあげられない事も多かったため、有希には悪いなと感じていました。
一方で有希は非常にアクティブな人間で、頻繁に異業種交流会に参加しては人脈を広げていたようです。
社交的で誰とでもすぐに打ち解けられる有希に僕は不安を募らせていました。
自分が構ってあげられない罪悪感と他の男に心変わりしてしまわないかという不安でぐちゃぐちゃになってしまい、口論になる事も多くなりました。
その時から有希は少しずつ暗い顔を見せはじめたのです。
同棲してちょうど1年が経った頃、有希から別れを告げられました。
「ケンカばかりでしんどくなった」というのが彼女から言われた理由です。
説得を試みましたが、有希の決心は固く、結局同棲を解消されてしまいました。
僕は自分の不安感から有希に八つ当たりしてしまっていた事を猛反省しましたが、今反省したところで後の祭りです。
抜け殻のようになり、半年も経ってしまいました。
けれど僕の心から有希が消える事はありませんでした。
心配した友人がそんな僕に、復縁屋や別れさせ屋、探偵事務所浮気調査などさまざまな解決方法を紹介してくれたんです。
半信半疑の状態でしたが試しに復縁屋に相談を持ちかけてみました。
いきなり膨大な着手費用などを請求されるかと身構えていたのですが、そんな事は一切なく、カウンセリングの方本当に復縁したいのか僕の気持ちを最優先に話をしてくれたのです。
丁寧な話やカウンセリングに「これなら信用できる!」と依頼を決心しました。
それから復縁のための復縁工作と僕自身の本格的な改革プランが始動しました。
復縁工作で明らかになったのが、有希の家族の問題でした。
有希の家族は僕がバツイチという事を知り、交際に反対していたようです。
有希は家族と僕との間でサンドイッチ状態になって相当苦しい思いをしていたのです。
僕の離婚歴のせいで彼女を苦しめていたなんて・・・そんな話全く聞いていませんでした。
有希は有希なりに僕を気遣かってくれていたんです。
工作員の方が彼女へ接近し、自分の感情に素直になるように誘導してくれました。
僕は僕でアドバイザーの指示の元、有希の不安材料を消し、彼女の家族に認めてもらうために力を尽くしました。
幸いな事に彼女とは連絡を取り合えるような状態だったので、指示されたタイミング通りに連絡を入れるようにしました。
そして、有希の警戒心もずいぶん解けてきたところで、僕から僕の離婚歴で苦しめてきたのではないかと切り出してみました。
彼女は心に大きな負担を抱えていたようです。
僕から話を切り出した時に、号泣してしまったのです。
有希の口から初めて家族の反対についての話が聞けました。
僕はすかさず、「絶対に家族に認めてもらえるようにする」と伝えました。
有希もまだ僕の事を好いてくれており、復縁工作のおかげでよりはすんなりと戻せました。
しかし、重要なのはこれからだとアドバイザーの方にも諭されました。
家族に認めてもらわなければ、復縁してもすぐに破局してしまいます。
詳細は割愛しますが、復縁屋の様々なサポートの元、ついに僕は彼女の家族に受け入れてもらえたんです。
復縁までだけではなく、その後のケアもきっちりしてくれ、二人の間が確固たるものになるまで復縁屋はサポートしてくれます。
こんなに手厚くプロのサポートを受けられる事ってあまりありませんよね。
復縁屋さんにはもちろんの事、紹介してくれた友人にも頭があがりません。
感謝の気持ちでいっぱいです。

in
仕事の忙しい彼とのすれ違い

仕事の忙しい彼とのすれ違い

仕事の忙しい彼とのすれ違い

年齢

30代前半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

高知県 保育士(保母)

相手の職業と住んでるところ

福岡県 家具製造・職人

趣味

ミニ家具作り教室参加

相手の趣味

ミニ家具作り教室主宰

体験談

家具職人の彼とは彼が主催しているミニ家具作り教室に私がたまたま参加した事で知り合いました。
教室に何度か通うようになってから、彼からデートに誘われ、そのまま流れで交際が始まりました。
私は高知県で保育士をしており、彼は福岡県で仕事をしていたので、最初は遠距離恋愛でした
実は彼には子供が一人おり、そのせいもあって遠距離が困難になったので、私が彼の家に転がり込む形で同棲がスタートしました。
幸い、彼の子供も懐いてくれたため、同棲生活にこれといった問題はありませんでした。
ただ、同棲生活が半年ほど過ぎてきたあたりから彼の仕事が忙しくなってきたんです。
最初は寂しさもありましたが、仕事だからと言い聞かせて我慢していました。
けれど、我慢も限界になってきたのか、次第に私は明るく振る舞えなくなってきたのです。
福岡という知らない土地になれていなかったせいも大きかったと思います。
彼に対してもわがままが多くなってきてしまいました。
そんなある日、つい寂しさから彼と喧嘩してしまい、「もうちょっと私の事気にしてよ」と言ってしまったんです。
彼は怒りもせず、悲しい顔で「ちょっと考えさせて」と言ってきました。
その時の彼の顔は今でも忘れられません。
ほどなくして、彼から「仕事で構ってあげられない。これ以上辛い思いをさせたくない」と別れを告げられてしまいました。
私は「大丈夫。寂しくても一緒にいたい」と説得しましたが、彼の決意を変える事は出来ませんでした。
同棲を解消してから毎日泣き続けました。
しかし、泣いてばかりでは、彼は戻ってこないって気付いたんです!
私はこんな弱い自分自身を変えるためにもカウンセリングも行ってくれる復縁屋さんに復縁依頼をしました。
思った通り、まず私自身のカウンセリングをしてもらいました
最初のカウンセリングは復縁したいという意思の強さの確認でした。
後々アドバイザーの方に聞いたのですが、相談してきた当時の私は自信をなくして非常に弱々しく感じたようです。
復縁したいのも、彼が大切なのか失恋が辛いだけなのかはっきりさせた方が良いと判断されたという事でした。
アドバイザーの方の読み通り、意思をはっきりさせた事で、私の中に強さが芽生えてきたのです。
私の弱さを改善するためのカウンセリングとともに、復縁工作も始まりました。
工作員の方が客を装って彼に接触してくれたのです。
そこから浮気調査などいろいろな調査をしていただき、彼の本音を知る事が出来ました。
彼は本当に私の事を思っていてくれて「自分の子供と二人きりにさせるのも申し訳ない。彼女を幸せにする自信がなくなった」と話していたようです。
私の自信のなさが彼の自信を奪っていたんだと気付く事が出来ました。
もっと強くなろうと思い直せたのです。
幸い、彼とは連絡を取り合える仲ではあったので、アドバイザーの方の指示にしたがってメールのやり取りを続けていきました。
彼に子持ちという引け目があったという事もあり、復縁屋さんからはお子さんへの気遣いも示してくださいとアドバイスを受けていたので、「子供は元気かな?また会いたいな」と伝えました。
それが好印象だったのか、彼から家具作り教室へのお誘いがあったんです。
家具教室に参加した後、彼に当時の私は弱かった事、彼と一緒にいれてどれだけ幸せだったのか笑顔で話しました。
私の様子に彼は「なんか明るくなったね」と驚いていたんですよ。
自分改造計画が成功したんだと、心の中でガッツポーズをしたのを覚えています。
何度かデートを重ねた後、彼からの告白で復縁する事になりました
私が自分に自信を取り戻せて変われたのは、復縁屋さんのおかげです
相談していなかったら、今頃まだ一人で泣いていたと思います。
的確なカウンセリングとアドバイスで私を成長させてくれた復縁屋さんには感謝しきれません。このような問題には、復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所など専門の業者は非常に頼りになる存在だと思います。

in
別居中の妻との復縁

別居中の妻との復縁

別居中の妻との復縁

年齢

20代後半

相手の年齢

20代前半

職業と住んでるところ

福岡県 歯医者(歯科医師)

相手の職業と住んでるところ

福岡県 歯科助手

趣味

海外旅行

相手の趣味

海外旅行

体験談

妻とは職場恋愛でした
私が歯科医師として妻が歯科助手として働いており、お互いに海外旅行が趣味という事ですぐに仲良くなりました。
二人ともアウトドア派で、出掛ける事が大好きだったので、交際中は休みになる度にあちこち出掛けていました。
「この人とは一生添い遂げられる」と確信し、私からプロポーズし、結婚する事にまで至ったのです。
お互いに忙しい日々ではありましたが、公私ともに最高のパートナーとして支え合ってきたと思っています。
結婚当初は、二人で休みを合わせては年に一回以上は海外に旅行にも行っていました。
誰もが認める仲良し夫婦だったと思います。
しかし、病院が盛況になってき始めてから二人の間に暗雲が立ち込めてきたのです。
私の仕事がかなり忙しくなり、なかなか家庭でくつろぐような時間がなくなってきました。
くつろぐ時間がなくなってきたと同時に私の心から余裕もなくなっていたと思います。
疲れきって家に帰るので、妻が話し掛けてきても「また今度にして」と軽くあしらってしまい、とにかく家では寝かせてほしいという気持ちしかありませんでした。
妻も同じ職場だったので、私の忙しさは分かっています。
こんな状態になっている事に対して理解してくれていると思っていましたし、私自身妻との生活のために頑張っていたので「それが当たり前」だと感じていました。
しかし、私と妻の考えは違っていたようです。
ある日突然、妻に真剣な話があるからと食事をしている時に言われました。
「一緒にいると精神的に辛いから別れてほしい」との事でした。
まさか離婚を突きつけられるなんて夢にも思っていなかったので、パニックです。
泣きじゃくりながら私に「お願いだから」と伝えてくる妻の姿に愕然としました。
離婚なんてとんでもない。
私も本当に妻の事を愛しているんです。
なんとか妻をなだめて別居という形で話を落ち着かせました。
私と一緒にいる事がなぜそんなに辛いのか、皆目見当もつきません。
心に余裕が全くなかった私は、プロに頼む事を決断し、浮気調査も含探偵事務所に依頼しようと思いましたが、結局復縁屋・別れさせ屋の門を叩いたのです。
カウンセリングの方に事の成り行きを全て話ました。
その後、彼女を苦しめてたなんて信じられないと伝えると、カウンセリングさんは「今あなたはご自分でその答えをおっしゃってますよ」と言うんです。
頭の中はクエスチョンマークだらけです。
そしたら、私にも分かりやすく丁寧に説明してくださったんです。
「あなたは仕事の忙しさで家庭を省みなかったんです。仕事のせいにして家庭を明るくする努力をしてこなかったんですよ。しかもそれが当たり前かのように考えている」
この言葉に愕然としました。
だって妻のために仕事を頑張ってきたと思っていたんですから。
でもカウンセリングさんの話を聞いていくと自分の欠点が浮き彫りになってきました。
「妻のために頑張っているのなら、どうしてその妻をおざなりにしているんでしょうか?」この問い掛けで目が覚めました。
結局私は自分が一番可愛いかったのです。
ただ妻のためという大義名分を掲げていただけなのです。
復縁工作の結果、やはり妻は仕事の忙しさで家庭を省みなかった私に不満を感じていた事が分かりました。
工作員の方からの報告で「二人で一緒にいる意味を感じなかった」という妻の言葉を知り、猛省したのを覚えています。
復縁したいという意思を強く持ち、彼女との復縁のために自分を変える決意を固めました。
復縁屋さんには、様々な点から本当に親身になってサポートをしてもらえました。
アドバイザーの方の指示を仰いで、別居中の妻との話の仕方や職場での接し方まで気を配りました。
ようやく妻の心が解けてきた頃、久しぶりに丸一日休暇をとってデートに誘いました。
デートでは、交際していた頃に戻ったように二人ともはしゃいでいました。
そしてデートも終盤に差し掛かってきた頃に、妻に今までの事を謝罪しました。
自分にとって真美のいない生活など考えられない事、これからは家庭も大切にする夫になる事を約束しました。
その時は返事は保留にされましたが、しばらくして別居を解消し、妻が家に戻ってきたんです。
復縁後も家庭と仕事の両立など復縁屋さんは丁寧にサポートしてくれました。
今では、料理も得意になり、休みの日には妻に手料理を振る舞っています。
私がここまで変われたのは、プロのサポートのおかげです。
プロの手助けがなければ、今頃家庭の大切さも分からないつまらない男に成り下がっていたでしょう。

in