金銭感覚のズレで彼を失う事に

金銭感覚のズレで彼を失う事に

金銭感覚のズレで彼を失う事に

年齢

30代後半

相手の年齢

40代後半

職業と住んでるところ

沖縄県 エステティシャン・エステ会社経営

相手の職業と住んでるところ

北海道 外車販売社長

趣味

クラシックカー

相手の趣味

クラシックカーレストア・アメ車限定

体験談

エステ会社を経営している私は、元々お金を使ってストレスを発散させるタイプでした。
今思えば、外車販売の会社の社長をしている彼との交際が始まってから浮かれてしまい、その傾向が強くなってしまっていたんだと思います。
本当に馬鹿な事をしてしまいました。
あの頃の自分を叱ってやりたい気持ちでいっぱいいっぱいです。
沖縄に住んでいる私が北海道に住んでいる彼と出会ったのは、趣味のクラシックカー繋がりでした。
超遠距離だったため、交際して2年が過ぎようとしていた頃から同棲を始めました。
今まで遠距離だった分、同棲が始まると私のわがままが加速してしまいました。
彼がそれなりのお給料をもらっていたので、これくらいのわがままなら大丈夫だろうと高をくくり鞄や服などおねだりする事が多かったと思います。
彼も嫌がる素振りを見せなかったので、まさかそれが負担になってるなんて夢にも思いませんでした。
同棲を始めて1年が過ぎた頃から彼の様子が暗くなり、気になっていました。
すると彼からおもむろに「両親に交際を反対されている」と伝えられたんです。
私は「ご両親に認めてもらえるように頑張るから」と彼に伝えましたが、彼の心のうちは決まっていたようです。
別れを伝えられ、同棲を解消されてしまいました。
あんなに完璧な男性を失えない、私は必死でした。
しかし、私が必死にしがみつけばつくほど彼は遠のいてしまったんです。
途方にくれていた時に知ったのが復縁屋さんでした
会社経営の経験から、専門分野は復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所浮気調査などのプロに頼むのが一番だという事を知っていた私はすぐに依頼をしました。
すぐに復縁工作に取り掛かってほしかったのに、カウンセリングばかりが実施されました
「意地になっているだけでは?本当に復縁したいのか?」という確認をされた時はむっとしましたが、後々にこの質問がいかに大切かを知りました。
復縁とは相手を強く思う気持ちと覚悟が必要だったのです。
私はまずそこから叩き込まれました。
アドバイザーの方のおかげで私は根っこの部分から変われたと思います。
また、復縁工作では、彼の本音を知る事が出来ました。
両親の反対なんて嘘だったのです。
彼は私との交際に金銭的な負担を感じていたのです。
自分のエゴばかり押し付けて気付いていなかったのですが、彼と私の間には大きすぎる金銭感覚のズレがありました。
堅実な彼から見れば私の行動は異常で、二人の将来を考えられなくなってしまったようでした。
復縁屋さんに私の金銭感覚の修正をサポートしてもらいました。
実践的な事から精神的な部分までの手厚いバックアップのおかげで私は周囲の人間も驚くほど変身出来ました。
今では昔の私を思い返すと恥ずかしくて穴に入りたいほどです。
工作員づてに彼も私の変身を知ったようです。
詳細は割愛しますが、アドバイザーの方の復縁までの指導と復縁工作のおかげで彼と再びデートするまで関係が回復しました。
デートでの私の変わりように彼は心底驚いていたようです。
工作員の方には「これだったら先を見据えた交際も出来る」と漏らしていました。
それからもデートを重ね、私から彼に最後のワンプッシュをしたところ、彼も笑顔で受け入れてくれました。
今ではとても良い関係を築けていると思います。
復縁活動は一人で行ってしまうと墓穴を掘るだけです。
プロに任せなければ私の復縁は叶わなかったでしょう。
復縁屋さんには感謝しきれない思いでいっぱいいっぱいです。

in
喧嘩に隠された彼女の本音

喧嘩に隠された彼女の本音

喧嘩に隠された彼女の本音

年齢

40代前半

相手の年齢

40代前半

職業と住んでるところ

愛媛県 フリーランスのシステム・エンジニア

相手の職業と住んでるところ

高知県 カフェ店長・オーナー

趣味

フィギア造形

相手の趣味

ネット将棋

体験談

彼女とはネットで知り合いました。
数年に渡るネットでの交流を経て、お互いが無くてはならない存在だと気付き、彼女からの告白で交際が開始しました。
僕はフリーのシステムエンジニアで彼女はカフェの店長兼オーナーであったため、忙しい彼女に合わせてデートは主に彼女の自宅で行っていました。
ネットでの交流も長かったので、お互いに尊重しあい、思いやり合える関係を築けていたと思っています。
しかし、徐々に彼女が不機嫌になり始めてきたのです。
何かと僕に八つ当たりしたり、イライラしては喧嘩越しに話をしてきたりと・・・
最初のうちは、仕事のストレスでも溜まっているのかなと思っていたのですが、あまりに彼女のヒステリックな態度が続いたので、僕も不愉快になってきました。
別れる前には、一緒に居てても、お互いの趣味をそれぞれして、会話もほとんどありませんでした。
別れは彼女から告げられました。
僕も疲れきっていたので、別れに承諾して比較的円満に別れました。
けれど、別れてから間もなく、僕は後悔の念に苛まれるようになったのです。
彼女の存在が自分にとってどれだけ大きかったのか別れてから気付いたんです。
彼女のいない日々にポッカリと大きな穴が開いたようでした。
僕は復縁を決意し、別れさせ屋、探偵事務所浮気調査などを検討した結果、やはり復縁のプロである復縁屋に依頼をしました。
復縁屋に依頼したのは、彼女と喧嘩が増えてしまった理由がまるで分からなかったからです。
プロに依頼すれば、別れの原因が解明出来ると思ったのです。
まずは、僕のカウンセリングから始まりました
そして、「本当に復縁したいのか」を何度も確認させられました。
復縁の意思が強くないと同じ事の繰り返しになってしまうからだそうです。
このカウンセリングで、僕はさらに自分の復縁したい強い意思を認識する事ができ、復縁するために自分を変えるという覚悟も持てました。
問題の彼女のイライラの原因について、復縁工作員がカフェのお客として接近し、聞き出す事に成功しました
なんと、思いもしなかった結果が返ってきたのです・・・
彼女は結婚の価値観の違いで別れを決意したというのです。
僕に結婚の意思が確認出来なかったから、イライラが募り、別れに至ったと。
青天の霹靂とはまさにこの事です。
だって、結婚なんていう言葉は僕達の間であまり出てこなかったんですよ。
そこでまた、僕のカウンセリングが始まりました。
結婚に関して話した事があるかどうか、どんな話だったか、どんな小さな話でもいいから思い出してくださいと言われました。
記憶を辿っていくと、一度だけ、冗談半分で話をした事を思い出しました。
新婚夫婦を見て、彼女が「結婚っていいね」と話してきた事に対して僕は「結婚なんて考えられないな」と笑い流してしまっていたのです。
その時は彼女が本気で結婚について聞いてきているなんて思ってもみなかったし、仕事も安定していなかったので、「考えられない」と言ったのです。
決して彼女と結婚したくないなんて思って言った言葉じゃなかったのです。
復縁屋のアドバイザーの方は僕のこんな言葉を聞いて、「彼女の年齢を考えた事ありますか?彼女は勇気を絞ってその時質問したんですよ」と話してくれました。
結婚に対する女性の心理を丁寧に説明してもらってやっと自分のした事の大きさが理解出来ました。
軽く受け流す事自体が彼女にとって「将来を真剣に考えてもらっていない」証だったのです。
僕は自分の軽率さを反省して、彼女との将来を真剣に考えるようになりました。
復縁工作のおかげで、彼女とまたネット交流出来るまで関係が復活したので、まずは、自分の思慮の足りなさと彼女を無意識の内に傷つけていた事を謝罪しました。
始めのうちは、復縁屋さんのアドバイス通りに謝罪だけして、恋愛感情は見せないように気をつけていました。
そうしていると、彼女の警戒心が解けたのか、「店に遊びにおいでよ」と誘ってもらえたんです。
後日お店に遊びに行き、その時に、次は僕から食事に誘いました。
アドバイザーの方からGOサインが出たので、このデートで復縁を申し出る事にしました。
デート当日、彼女に将来的な話をしつつ、僕にとってどれだけ大切な存在か、結婚を前提に付き合ってほしい旨を伝えました。
彼女が泣きながら「はい」と言った時の事は忘れられません。
自分がどれだけ彼女を不安にさせていたのかをその涙で痛感したからです。
もう同じ過ちは繰り返しません。
復縁屋さんのアドバイスは本当に的確で、厳しく感じた言葉はありましたが、その厳しい言葉があったからこそ僕は復縁出来たのです。
感謝してもしきれないくらいです。
復縁屋さんのおかげで生涯を通して最も大切な人を失わずに済んだのですから。

in
家族の反対で破局

家族の反対で破局

家族の反対で破局

年齢

30代後半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

大分県 一級建築士

相手の職業と住んでるところ

宮崎県 美術会社スタッフ

趣味

仕事

相手の趣味

異業種交流会参加

体験談

一度結婚に失敗している僕は恋愛に消極的になっていたのですが、不思議とネットで知り合った有希とはすぐに打ち解けました。
建築士の僕と美術会社に勤める有希は芸術つながりで話もあい、お互いになくてはならないパートナーだったと思っています。
少し家が離れていた事もあり、交際して間もなく同棲生活になりました。
僕自身は趣味も仕事という根っからの仕事人間で、家事などはほとんど有希に任せっきりでした。
仕事も忙しく構ってあげられない事も多かったため、有希には悪いなと感じていました。
一方で有希は非常にアクティブな人間で、頻繁に異業種交流会に参加しては人脈を広げていたようです。
社交的で誰とでもすぐに打ち解けられる有希に僕は不安を募らせていました。
自分が構ってあげられない罪悪感と他の男に心変わりしてしまわないかという不安でぐちゃぐちゃになってしまい、口論になる事も多くなりました。
その時から有希は少しずつ暗い顔を見せはじめたのです。
同棲してちょうど1年が経った頃、有希から別れを告げられました
「ケンカばかりでしんどくなった」というのが彼女から言われた理由です。
説得を試みましたが、有希の決心は固く、結局同棲を解消されてしまいました。
僕は自分の不安感から有希に八つ当たりしてしまっていた事を猛反省しましたが、今反省したところで後の祭りです。
抜け殻のようになり、半年も経ってしまいました。
けれど僕の心から有希が消える事はありませんでした。
心配した友人がそんな僕に、復縁屋や別れさせ屋、探偵事務所浮気調査などさまざまな解決方法を紹介してくれたんです。
半信半疑の状態でしたが試しに復縁屋に相談を持ちかけてみました。
いきなり膨大な着手費用などを請求されるかと身構えていたのですが、そんな事は一切なく、カウンセリングの方が本当に復縁したいのか僕の気持ちを最優先に話をしてくれたのです。
丁寧な話やカウンセリングに「これなら信用できる!」と依頼を決心しました。
それから復縁のための復縁工作と僕自身の本格的な改革プランが始動しました。
復縁工作で明らかになったのが、有希の家族の問題でした。
有希の家族は僕がバツイチという事を知り、交際に反対していたようです。
有希は家族と僕との間でサンドイッチ状態になって相当苦しい思いをしていたのです。
僕の離婚歴のせいで彼女を苦しめていたなんて・・・そんな話全く聞いていませんでした。
有希は有希なりに僕を気遣かってくれていたんです。
工作員の方が彼女へ接近し、自分の感情に素直になるように誘導してくれました。
僕は僕でアドバイザーの指示の元、有希の不安材料を消し、彼女の家族に認めてもらうために力を尽くしました。
幸いな事に彼女とは連絡を取り合えるような状態だったので、指示されたタイミング通りに連絡を入れるようにしました。
そして、有希の警戒心もずいぶん解けてきたところで、僕から僕の離婚歴で苦しめてきたのではないかと切り出してみました。
彼女は心に大きな負担を抱えていたようです。
僕から話を切り出した時に、号泣してしまったのです。
有希の口から初めて家族の反対についての話が聞けました。
僕はすかさず、「絶対に家族に認めてもらえるようにする」と伝えました。
有希もまだ僕の事を好いてくれており、復縁工作のおかげでよりはすんなりと戻せました。
しかし、重要なのはこれからだとアドバイザーの方にも諭されました。
家族に認めてもらわなければ、復縁してもすぐに破局してしまいます。
詳細は割愛しますが、復縁屋の様々なサポートの元、ついに僕は彼女の家族に受け入れてもらえたんです。
復縁までだけではなく、その後のケアもきっちりしてくれ、二人の間が確固たるものになるまで復縁屋はサポートしてくれます
こんなに手厚くプロのサポートを受けられる事ってあまりありませんよね。
復縁屋さんにはもちろんの事、紹介してくれた友人にも頭があがりません。
感謝の気持ちでいっぱいです。

in
別れた彼女ともう一度やり直し、結婚したい

別れた彼女ともう一度やり直し、結婚したい

別れた彼女ともう一度やり直し、結婚したい

年齢

40代前半

相手の年齢

40代前半

職業と住んでるところ

福島県 化学会社化学分析員

相手の職業と住んでるところ

茨城県 ヘア・スタイリスト

趣味

地域ボランティア

相手の趣味

アマチュア無線

体験談

6年ほど前に知り合った元カノとは、ネットで出会いました。
福島県と、茨城県といった遠距離恋愛だったのですが、それでも2人で時々出かけたりして幸せな日々を過ごしていたんです。
ですが、別れは突然やってきてしまいました。
彼女から交際が金銭的にかなり負担だから別れて欲しいといわれたのです。
確かに、福島県と茨城県という別々の地域での交際はそれなりにお金がかかっていたので、仕方がないのかなと思い別れたのですが、やはりそれでも元カノを忘れることができませんでした。
元カノと過ごした日々は本当に遠距離恋愛でも幸せで、できるものならやり直したいと切実に願う日々・・。
この気持ちをどうにかできないかと思った際に、復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所という存在を知人に教えてもらい、思い切って電話で話だけでも聞いてもらおうと思い、復縁屋に連絡してみました。
復縁カウンセラーの方の親身な対応に、私は今の状況や元カノへの復縁したい気持ちを伝えた際に、思い切って依頼工作もお願いしてみようという気持ちになり、依頼してみることにしたんです。
最初は依頼する気持ちはなく、ただ私の復縁に関する気持ちを聞いてもらうだけのつもりだったんですけどね。
復縁屋の調査の方は、しっかりと茨城県での彼女についての浮気調査やさまざまな調査もしっかり行ってくれたのですがその調査の結果、どうやら別れの原因は金銭の負担ではなく、結婚への価値観の違いだったようです。
結婚への価値観の違いが理由だったということには、とにかく驚きましたね。別れた理由も、復縁屋の調査がなければ、発覚しなかったことだと思います。
そこで僕は、復縁屋の方と共に、元カノがどのような結婚を求めているのか、またその結婚に対して自分はどうしたらよいのかをじっくり考えることにしました。
考えた結果、僕は元カノの結婚に対する価値観を尊重し、お互い力を合わせてやはりこれからの将来共に歩んで生きたいという結論に至ることができたのです。
その際に、復縁屋の接触もあり、どうにかして元カノと話し合う機会を作ることができ、無事今ではしっかりお付き合いは継続しています。
もちろん今後は結婚も考えられているので、今は本当に幸せです。
復縁屋の復縁工作に関する様々なサポートのお陰で、このようにしっかりと彼女との結婚を考えることができ、また新たに彼女と一緒の人生を歩むことができたことを心より感謝しています。

in
生活の違いから喧嘩に発展

生活の違いから喧嘩に発展

生活の違いから喧嘩に発展

年齢

30代後半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

鹿児島県 化学会社研究員

相手の職業と住んでるところ

沖縄県 ウエディングプランナー

趣味

クラブイベント

相手の趣味

クラブイベント

体験談

趣味のクラブイベントで知り合った彼女とは同棲して1年になります。
二人とも外に出る事が好きなので、同棲してからも頻繁にデートには出掛けていました。
しかし、それ以外の日常生活ではすれ違いが多かったのも事実です。
私は研究員、彼女はウエディングプランナーという事で職種が全く違っていたことが生活のすれ違いの原因です。
職種が掛け離れていたので、相手がどのような仕事をしているのかお互いに理解出来ない部分が多かったと思います。
仕事関係の理解不足で喧嘩になってしまう事も多々ありました。
その時の私は「理解してほしい」「どうして理解してくれないんだ」という思いで心がいっぱいだったのです。
恐らく彼女の私と同じ気持ちでいたのでしょう。
喧嘩になる度に「どうして分かろうとしてくれないの」と言われていたいました。
彼女から別れを切り出されたのは、喧嘩によるすれ違いが続いていた頃でした。
確かに喧嘩をする事には疲れていましたが、別れまでは考えていなかったので正直ショックでした。
なんとかその場は切り抜けられましたが、彼女の態度は明らかに冷めてきていました。
この状態のままでは、精神的にも辛く、仕事にも身が入らないため私は悩みに悩みました。
別れた方がいいのかもしれない」という思いもよぎりましたが、やはり私にとって彼女はなくてはならない存在です。
別れるなんて辛すぎる・・・でも打開策がない・・・精神的にもだいぶ追い詰められていました。
そんな時に復縁屋さんのHPを見つけたんです。
少し疑心暗鬼な面もありましたが、そこに救いの手があるならと、連絡を入れました。
身構えていた私に待ち受けていたのは丁寧なカウンセリングでした
一人で問題を抱え込んでいた私は、まだ復縁できた訳ではなかったのに、肩の荷がおりたような感じを感じました。
それだけ悩んでいたんです。
私には差し伸べられる手が必要だったのです。
アドバイザーの方から「復縁したいのなら考え方から変えなければいけません」と言われました。
理解してほしいでは相手の気持ちは変えられない。
理解したい、相手の気持ちを理解しようとする考え方が必要なのだと教えてもらえました。
当たり前の事でしたが、私は目からうろこが落ちたようでした。
自分の事ばかりで私は彼女の事について理解しようとしてなかったのです。
それから、彼女の仕事について勉強し、彼女の考えや思いについて理解を深めていく努力が始まりました。
復縁屋さんは工作員による復縁工作・身辺調査・浮気調査もしてくれるようで、彼女に接近し、色々と復縁のための工作も進められていきました。
やはり彼女は「生活環境の違い」から別れを考えていたようです。
アドバイザーの方と二人三脚でこの溝を埋めるトレーニングを行っていきました。
プロの方から見ても私はだいぶ恋人視点で物事を考えられるように変われたようです。
冷たかった彼女の態度も少しずつ元に戻ってきました。
彼女第一の言動を心掛けていたら、彼女からまさかの「ありがとう」という言葉ももらえたんです。
久しぶりの恋人からの感謝の言葉がこんなに嬉しいものだとは思いませんでした。
彼女の仕事についての勉強も私の復縁の後押しをしてくれました。
「よくそんな事まで知ってるね」と彼女もびっくりしていたほどです。
「分かってくれて嬉しい」と彼女に笑顔も戻ってきました。
復縁屋さんからここまで関係が改善したら大丈夫だろうとお墨付きももらえて私はやっと心の安らぎを取り戻せたのです。
大切な存在を失いそうになり満身創痍の状態の私を救ってくれたのは間違いなくプロの集団の復縁屋さんです
自分で悩んでいては何も解決しません。
時には復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所など人の手を借りる勇気も必要なのだと学びました。

in