金銭感覚のズレで彼を失う事に

金銭感覚のズレで彼を失う事に

金銭感覚のズレで彼を失う事に

年齢

30代後半

相手の年齢

40代後半

職業と住んでるところ

沖縄県 エステティシャン・エステ会社経営

相手の職業と住んでるところ

北海道 外車販売社長

趣味

クラシックカー

相手の趣味

クラシックカーレストア・アメ車限定

体験談

エステ会社を経営している私は、元々お金を使ってストレスを発散させるタイプでした。
今思えば、外車販売の会社の社長をしている彼との交際が始まってから浮かれてしまい、その傾向が強くなってしまっていたんだと思います。
本当に馬鹿な事をしてしまいました。
あの頃の自分を叱ってやりたい気持ちでいっぱいいっぱいです。
沖縄に住んでいる私が北海道に住んでいる彼と出会ったのは、趣味のクラシックカー繋がりでした。
超遠距離だったため、交際して2年が過ぎようとしていた頃から同棲を始めました。
今まで遠距離だった分、同棲が始まると私のわがままが加速してしまいました。
彼がそれなりのお給料をもらっていたので、これくらいのわがままなら大丈夫だろうと高をくくり鞄や服などおねだりする事が多かったと思います。
彼も嫌がる素振りを見せなかったので、まさかそれが負担になってるなんて夢にも思いませんでした。
同棲を始めて1年が過ぎた頃から彼の様子が暗くなり、気になっていました。
すると彼からおもむろに「両親に交際を反対されている」と伝えられたんです。
私は「ご両親に認めてもらえるように頑張るから」と彼に伝えましたが、彼の心のうちは決まっていたようです。
別れを伝えられ、同棲を解消されてしまいました。
あんなに完璧な男性を失えない、私は必死でした。
しかし、私が必死にしがみつけばつくほど彼は遠のいてしまったんです。
途方にくれていた時に知ったのが復縁屋さんでした
会社経営の経験から、専門分野は復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所浮気調査などのプロに頼むのが一番だという事を知っていた私はすぐに依頼をしました。
すぐに復縁工作に取り掛かってほしかったのに、カウンセリングばかりが実施されました
「意地になっているだけでは?本当に復縁したいのか?」という確認をされた時はむっとしましたが、後々にこの質問がいかに大切かを知りました。
復縁とは相手を強く思う気持ちと覚悟が必要だったのです。
私はまずそこから叩き込まれました。
アドバイザーの方のおかげで私は根っこの部分から変われたと思います。
また、復縁工作では、彼の本音を知る事が出来ました。
両親の反対なんて嘘だったのです。
彼は私との交際に金銭的な負担を感じていたのです。
自分のエゴばかり押し付けて気付いていなかったのですが、彼と私の間には大きすぎる金銭感覚のズレがありました。
堅実な彼から見れば私の行動は異常で、二人の将来を考えられなくなってしまったようでした。
復縁屋さんに私の金銭感覚の修正をサポートしてもらいました。
実践的な事から精神的な部分までの手厚いバックアップのおかげで私は周囲の人間も驚くほど変身出来ました。
今では昔の私を思い返すと恥ずかしくて穴に入りたいほどです。
工作員づてに彼も私の変身を知ったようです。
詳細は割愛しますが、アドバイザーの方の復縁までの指導と復縁工作のおかげで彼と再びデートするまで関係が回復しました。
デートでの私の変わりように彼は心底驚いていたようです。
工作員の方には「これだったら先を見据えた交際も出来る」と漏らしていました。
それからもデートを重ね、私から彼に最後のワンプッシュをしたところ、彼も笑顔で受け入れてくれました。
今ではとても良い関係を築けていると思います。
復縁活動は一人で行ってしまうと墓穴を掘るだけです。
プロに任せなければ私の復縁は叶わなかったでしょう。
復縁屋さんには感謝しきれない思いでいっぱいいっぱいです。

in
生活の違いから喧嘩に発展

生活の違いから喧嘩に発展

生活の違いから喧嘩に発展

年齢

30代後半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

鹿児島県 化学会社研究員

相手の職業と住んでるところ

沖縄県 ウエディングプランナー

趣味

クラブイベント

相手の趣味

クラブイベント

体験談

趣味のクラブイベントで知り合った彼女とは同棲して1年になります。
二人とも外に出る事が好きなので、同棲してからも頻繁にデートには出掛けていました。
しかし、それ以外の日常生活ではすれ違いが多かったのも事実です。
私は研究員、彼女はウエディングプランナーという事で職種が全く違っていたことが生活のすれ違いの原因です。
職種が掛け離れていたので、相手がどのような仕事をしているのかお互いに理解出来ない部分が多かったと思います。
仕事関係の理解不足で喧嘩になってしまう事も多々ありました。
その時の私は「理解してほしい」「どうして理解してくれないんだ」という思いで心がいっぱいだったのです。
恐らく彼女の私と同じ気持ちでいたのでしょう。
喧嘩になる度に「どうして分かろうとしてくれないの」と言われていたいました。
彼女から別れを切り出されたのは、喧嘩によるすれ違いが続いていた頃でした。
確かに喧嘩をする事には疲れていましたが、別れまでは考えていなかったので正直ショックでした。
なんとかその場は切り抜けられましたが、彼女の態度は明らかに冷めてきていました。
この状態のままでは、精神的にも辛く、仕事にも身が入らないため私は悩みに悩みました。
別れた方がいいのかもしれない」という思いもよぎりましたが、やはり私にとって彼女はなくてはならない存在です。
別れるなんて辛すぎる・・・でも打開策がない・・・精神的にもだいぶ追い詰められていました。
そんな時に復縁屋さんのHPを見つけたんです。
少し疑心暗鬼な面もありましたが、そこに救いの手があるならと、連絡を入れました。
身構えていた私に待ち受けていたのは丁寧なカウンセリングでした
一人で問題を抱え込んでいた私は、まだ復縁できた訳ではなかったのに、肩の荷がおりたような感じを感じました。
それだけ悩んでいたんです。
私には差し伸べられる手が必要だったのです。
アドバイザーの方から「復縁したいのなら考え方から変えなければいけません」と言われました。
理解してほしいでは相手の気持ちは変えられない。
理解したい、相手の気持ちを理解しようとする考え方が必要なのだと教えてもらえました。
当たり前の事でしたが、私は目からうろこが落ちたようでした。
自分の事ばかりで私は彼女の事について理解しようとしてなかったのです。
それから、彼女の仕事について勉強し、彼女の考えや思いについて理解を深めていく努力が始まりました。
復縁屋さんは工作員による復縁工作・身辺調査・浮気調査もしてくれるようで、彼女に接近し、色々と復縁のための工作も進められていきました。
やはり彼女は「生活環境の違い」から別れを考えていたようです。
アドバイザーの方と二人三脚でこの溝を埋めるトレーニングを行っていきました。
プロの方から見ても私はだいぶ恋人視点で物事を考えられるように変われたようです。
冷たかった彼女の態度も少しずつ元に戻ってきました。
彼女第一の言動を心掛けていたら、彼女からまさかの「ありがとう」という言葉ももらえたんです。
久しぶりの恋人からの感謝の言葉がこんなに嬉しいものだとは思いませんでした。
彼女の仕事についての勉強も私の復縁の後押しをしてくれました。
「よくそんな事まで知ってるね」と彼女もびっくりしていたほどです。
「分かってくれて嬉しい」と彼女に笑顔も戻ってきました。
復縁屋さんからここまで関係が改善したら大丈夫だろうとお墨付きももらえて私はやっと心の安らぎを取り戻せたのです。
大切な存在を失いそうになり満身創痍の状態の私を救ってくれたのは間違いなくプロの集団の復縁屋さんです
自分で悩んでいては何も解決しません。
時には復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所など人の手を借りる勇気も必要なのだと学びました。

in
気持ちのすれ違いで夫と別居に

気持ちのすれ違いで夫と別居に

気持ちのすれ違いで夫と別居に

年齢

30代後半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

熊本県 専業主婦

相手の職業と住んでるところ

熊本県 医者(歯科医)

趣味

カラオケ

相手の趣味

クラッシクカーレストア

体験談

年下の陽介との出会いはネットでしたが、数年かけてゆっくりと仲を深めていき、私からのアプローチで結婚しました。
交際当初はドライブなどにもよく連れていってもらい、私のためにあれこれデートプランを立ててくれる彼の行動に愛を感じていました。
彼の職業が医者という事もあり、一般家庭よりも贅沢な暮らしをさせてもらい、私は少し有頂天だったのかもしれません。
結婚してからは、彼は本腰を入れて仕事に取り組み、休日もほとんど無いような状態になってしまいました。
私は交際当初の印象が強かったので、仕事ばかりの彼に不満を感じていました。
「あんなに私のためにデートプランを立ててくれた人が、結婚した途端外出もほとんどしなくなるなんて・・・大切にされていない証拠だ!」と自己中心的な考えに陥っていたんです。
今思えば本当に愛情や思いやりが無かったのは、私の方でした。
自分を疎かにされているという気持ちから、次第にストレス発散のために趣味のカラオケや買い物にお金を使うようになってしまいました。
その時の私は、「放っておかれてるんだから、贅沢に暮らして当然だ」と甚だしい勘違いをしていたんです。
寂しかったのかもしれません。
そんな生活を続けていた時、彼が「もう耐えられない。離婚してくれ」と懇願してきたんです。
「私が彼に離婚を突き付けるのならまだしも、どうして私が離婚されてしまうの!」と怒りにも似た感情でいっぱいになり、彼と口論の末、別居する事になりました。
別居して冷静になった時に、今までの自分の行いを考え直してみたんです。
使ったお金も計算してみました。
いくら彼が稼いできてくれるからと言っても、常識を超えるような額でした。
彼が愛想を尽かすのも当然ですよね。
私はお金で彼の愛を計っていたんです。
けれど、嘘と思われるかもしれませんが、私は彼を本当に愛しています。
離婚なんて考えられませんでした。
復縁したいけれど、どうすればいいのか悩んでいた時に友達の紹介でこちらの復縁屋さんの存在を知りました。
私はすぐに連絡を入れ、カウンセリングを受ける事にしました。
カウンセリングの方には少し買い物依存症になっていた精神面をケアしてもらいました。
また、アドバイザーの方には結婚生活で大切な事、夫の気持ちを取り戻す方法などプロの視点からのアドバイスをたくさんいただきました
復縁工作では、浮気調査なども含め彼の本当の別れの理由を聞き出してもらえました。
お金の問題ではなく、私が彼に大切にされていないと思っていた事への不信感が原因だったようです。
確かに私は事あるごとに彼に「私の事なんてどうでもいいんでしょ」と責めてしまっていました。
家庭のために一生懸命働いてくれていたのに、労うどころか大切にされていないと責めるなんて本当に妻失格ですよね。
復縁屋さんからアドバイスをもらいながら自分改革に努めました。
月に数回彼と会う時は、出来る限り労いと感謝を示すようにしました。
また、お互いの気持ちが落ち着いてきたのを見計らって今までの行いの謝罪と彼への感謝を伝えました。
何回も謝るのは逆効果だと言われたので、謝罪はこの一回だけにしました。
次第に二人の関係も良好になり、会う回数が増え、とうとう同居を再開する事が出来たんです。
復縁屋さんには、伝える言葉や態度、連絡するタイミングなど、何から何までご指導いただきました。
別れさせ屋、探偵事務所ではなく復縁屋という復縁の専門家のサポートがあったからこそ、彼と離婚せずに復縁出来ました。
このご恩は一生忘れません。

in
仕事の忙しい彼とのすれ違い

仕事の忙しい彼とのすれ違い

仕事の忙しい彼とのすれ違い

年齢

30代前半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

高知県 保育士(保母)

相手の職業と住んでるところ

福岡県 家具製造・職人

趣味

ミニ家具作り教室参加

相手の趣味

ミニ家具作り教室主宰

体験談

家具職人の彼とは彼が主催しているミニ家具作り教室に私がたまたま参加した事で知り合いました。
教室に何度か通うようになってから、彼からデートに誘われ、そのまま流れで交際が始まりました。
私は高知県で保育士をしており、彼は福岡県で仕事をしていたので、最初は遠距離恋愛でした。
実は彼には子供が一人おり、そのせいもあって遠距離が困難になったので、私が彼の家に転がり込む形で同棲がスタートしました。
幸い、彼の子供も懐いてくれたため、同棲生活にこれといった問題はありませんでした。
ただ、同棲生活が半年ほど過ぎてきたあたりから彼の仕事が忙しくなってきたんです。
最初は寂しさもありましたが、仕事だからと言い聞かせて我慢していました。
けれど、我慢も限界になってきたのか、次第に私は明るく振る舞えなくなってきたのです。
福岡という知らない土地になれていなかったせいも大きかったと思います。
彼に対してもわがままが多くなってきてしまいました。
そんなある日、つい寂しさから彼と喧嘩してしまい、「もうちょっと私の事気にしてよ」と言ってしまったんです。
彼は怒りもせず、悲しい顔で「ちょっと考えさせて」と言ってきました。
その時の彼の顔は今でも忘れられません。
ほどなくして、彼から「仕事で構ってあげられない。これ以上辛い思いをさせたくない」と別れを告げられてしまいました。
私は「大丈夫。寂しくても一緒にいたい」と説得しましたが、彼の決意を変える事は出来ませんでした。
同棲を解消してから毎日泣き続けました。
しかし、泣いてばかりでは、彼は戻ってこないって気付いたんです!
私はこんな弱い自分自身を変えるためにもカウンセリングも行ってくれる復縁屋さんに復縁依頼をしました。
思った通り、まず私自身のカウンセリングをしてもらいました
最初のカウンセリングは復縁したいという意思の強さの確認でした。
後々アドバイザーの方に聞いたのですが、相談してきた当時の私は自信をなくして非常に弱々しく感じたようです。
復縁したいのも、彼が大切なのか失恋が辛いだけなのかはっきりさせた方が良いと判断されたという事でした。
アドバイザーの方の読み通り、意思をはっきりさせた事で、私の中に強さが芽生えてきたのです。
私の弱さを改善するためのカウンセリングとともに、復縁工作も始まりました。
工作員の方が客を装って彼に接触してくれたのです。
そこから浮気調査などいろいろな調査をしていただき、彼の本音を知る事が出来ました。
彼は本当に私の事を思っていてくれて「自分の子供と二人きりにさせるのも申し訳ない。彼女を幸せにする自信がなくなった」と話していたようです。
私の自信のなさが彼の自信を奪っていたんだと気付く事が出来ました。
もっと強くなろうと思い直せたのです。
幸い、彼とは連絡を取り合える仲ではあったので、アドバイザーの方の指示にしたがってメールのやり取りを続けていきました。
彼に子持ちという引け目があったという事もあり、復縁屋さんからはお子さんへの気遣いも示してくださいとアドバイスを受けていたので、「子供は元気かな?また会いたいな」と伝えました。
それが好印象だったのか、彼から家具作り教室へのお誘いがあったんです。
家具教室に参加した後、彼に当時の私は弱かった事、彼と一緒にいれてどれだけ幸せだったのか笑顔で話しました。
私の様子に彼は「なんか明るくなったね」と驚いていたんですよ。
自分改造計画が成功したんだと、心の中でガッツポーズをしたのを覚えています。
何度かデートを重ねた後、彼からの告白で復縁する事になりました。
私が自分に自信を取り戻せて変われたのは、復縁屋さんのおかげです。
相談していなかったら、今頃まだ一人で泣いていたと思います。
的確なカウンセリングとアドバイスで私を成長させてくれた復縁屋さんには感謝しきれません。このような問題には、復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所など専門の業者は非常に頼りになる存在だと思います。

in
同棲がきっかけで喧嘩が絶えなくなった

同棲がきっかけで喧嘩が絶えなくなった

同棲がきっかけで喧嘩が絶えなくなった

年齢

30代前半

相手の年齢

20代後半

職業と住んでるところ

香川県 薬剤師

相手の職業と住んでるところ

愛媛県 MR(医薬情報担当者)

趣味

ガーデニング

相手の趣味

ダーツ

体験談

彼とは友達の紹介で知り合いました。
私は薬剤師で彼はMRという事から、お互いに仕事への理解もあり、話も合ったので、数ヶ月後に私から告白をして交際が始まりました。
けれど、香川県と愛知県という中距離の恋愛だった事に加えて、お互いに仕事も忙しかったため、程なくして同棲生活が始まりました。
同棲し始めの頃は、ちょっとした新婚気分で二人の仲も深まったように思えました。
彼のMRという仕事は時間が不規則でストレスも溜まる職種だったので、出来るだけ私がサポートしてあげなきゃと感じて、家事のほとんどは私が受け持っていました。
同棲を始めて数ヶ月は彼に尽くしている自分に満足していましたが、徐々に不満も溜まり始めてきました。
自分から進んで家事をやっていたのに、それを負担に感じるようになったのです。
私の仕事もちょうど忙しくなり、たまには家事を手伝ってほしいと思っていたのですが、なかなか言葉で伝える事ができず、そのイライラが態度になって表れていたようです。
また、休日はゆっくり二人で過ごしたいと思っていたのに、彼は休日のたびに友達と趣味のダーツを楽しみに行っていました。
寂しさもあったと思います。
次第に彼の粗探しばかりしては、喧嘩をふっかけるようになり、顔を合わせれば喧嘩になるという日々になりました。
その時の私は、「どうして私の気持ちを分かってくれないんだろう」「どうしてもっと私を大切にしてくれないんだろう」という気持ちでいっぱいだったと思います。
そんな生活が続いていたある日、彼から急に別れを告げられました。
理由は「交際が精神的に負担になった」というものでした。
私は自分が我慢していたと思っていたので、別れの理由に納得出来ず、問い詰めたりしてしまいましたが、結局彼は家を出ていってしまったのです。
確かに喧嘩の日々に私も疲れていました。
けれど、私は私なりに彼に尽くしてきたので、どうしてこうなったのか頭はパニック状態になってしまいました。
ですが、確信が持てた事が一つあります。
それは彼は私にとってかけがえのない存在だという事、彼と復縁したいという事です。
復縁したいという思いは強かったのですが、どうすれば分からずにいた所、復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所、浮気調査などさまざまな専門の業者さんの存在を知りました。
私はその中から藁にもすがる思いで、復縁屋さんに相談を持ちかけました。
すぐに復縁工作に取り掛かってくれると思っていたのですが、意外にも私のカウンセリングから始まりました
「そんな事なんの意味があるのか」と思っていましたが、程なくしてその重要性を実感したのです。
カウンセリングを受ける事で自分の至らなかった点が浮き彫りになりました。
私は「彼のため」と行動してきたつもりでしたが、実際のところ自分の事しか考えていなかったのです。
彼が本当に望んでいる事を考えずに、自分の気持ちばかり押し付けては満足していた事をカウンセリングを受けて初めて痛感したのです。
また、男の人に察知してほしいというのは女性のエゴだという事も理解しました。
さすが、恋愛のプロだと思うようなアドバイスをたくさんいただき、私も心を入れ替えるようになりました。
それと平行して、復縁工作が始まりました。
工作員の方が彼に接近して、本音を引き出してくれたのです。
アドバイス通り彼はどうして私がイライラしているのか分からなかったようです。
また、私の好意も押し付けのように感じていた節があった事をこの工作を通して知りました。
知った時はもうほんとに愕然としました。
自分がよかれと思っていた事がマイナスに働いていたなんて・・・
落ち込む私を復縁屋さんはしっかりサポートしてくれました。
変わる決心をして、復縁屋さんのアドバイス通りに自分の言動を変えていきました。
復縁工作のおかげで彼と二人で食事をしたりする仲にまで戻れた頃、彼から意外な言葉をもらったんです。
「彩乃はほんと変わったな。今なら上手くやっていける気がするのに・・・」と。
このチャンスを逃す訳にはいかない!と感じ、私はすかさず今までの反省や後悔を話し、彼に謝罪しました。
彼は真剣に話を聞いてくれて、最後に「じゃあ、もう一回やり直してみようか」と言ってくれたんです。
嬉しさのあまり泣いてしまったのを今でも覚えています。
復縁できた今も、復縁屋さんから頂いたアドバイスは本当に役立っています。
「何かあれば言葉にして話し合う」当たり前のようで難しい恋愛の基本を守る事で、彼とは本当に良い関係を続ける事が出来ています。
復縁屋さんに相談した事で、彼に愛され、彼を愛する自分に変わる事が出来たのです。

in