元妻と復縁をして、結婚していた頃に戻りたい

元妻と復縁をして、結婚していた頃に戻りたい

元妻と復縁をして、結婚していた頃に戻りたい

年齢

40代前半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

栃木県 有名私立中学校教員

相手の職業と住んでるところ

東京都 書道教室先生

趣味

ジオラマ模型

相手の趣味

ジオラマ模型

体験談

お互いバツ1同士の私達は、ジオラマ模型という趣味を通じて知り合いました。
交際中もあまり出かけることなく、淡々とジオラマ模型を作っているというお付き合いを続け、無事にお互い再婚したのですが、元妻から自分を大切にしてくれてないということを理由に、別れて欲しいといわれてしまいました。
ですが僕自身は別れたいとは思えず、しっかりと離婚を受け止められない辛い日々を過ごしていたのです。
ですが、やはり元妻の気持ちは変えることができず、離婚が成立してしまいました。
そんな際に、復縁工作に定評がある復縁屋・別れさせ屋、浮気調査を行探偵事務所の存在を知りました。
正直、この年齢にもなってお恥ずかしい話でなかなか相談の電話をかけにくかったのですが、やはり復縁への気持ちは募るばかり。
思い切って勇気を振り絞り、復縁屋に電話をしてみたんです。
復縁屋のカウンセラーの方と話をしているときはもう何といっても復縁したい気持ちが途切れることなくずっと相談させていただいていました。この際に復縁工作への依頼も決めることに。
僕自身は、栃木県に住んでいるのですが元妻は東京都に住んでいるということもあり、調査などの面は大丈夫なのかと不安はありましたが、さすが復縁屋ですね!地域を問わずしっかりと調査をしてくれたのには、驚きました。
自分ひとりではできなかったと思います。どうやら調査の結果、元妻の本当の離婚の原因は、自分が異性としての魅力を感じなくなったのが原因なようでした。
確かに、仕事が忙しくなる一方で、最近は身だしなみはもちろんのこと、心使いも一切なく、本当に魅力がなくなったと感じられても当然だと思えるような生活を送っていたと今ではよくわかります。
まずは、魅力をまた感じてもらえるように、身だしなみも、調査の結果からわかった今の元妻の好みを取り入れたりと、様々な努力を復縁屋のサポートとともに行いました。
タバコを吸うのもやめ、お酒浸りな日々も改善しましたが、やはりこういった習慣化されているものはやめるのは辛かったです。
1人ではこれは絶対成し遂げれなかったと思います。
元妻から、また妻へ戻ってきてくれたことに本当に感謝です。
そんな努力の結果が見た頃、東京都へ仕事の関係で出張する機会があったので、その際に元妻と食事をする約束を取り付けることができました。その際に、やり直してほしい旨を伝えた際、自分の変化を元妻も感じ取ることができたのか、また結婚生活をリスタートさせるOKの返事をもらえたのです!
おかげさまで、復縁屋のお陰で僕の人生がまた幸せな方向へ進むことができました。

in
生活の違いから喧嘩に発展

生活の違いから喧嘩に発展

生活の違いから喧嘩に発展

年齢

30代後半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

鹿児島県 化学会社研究員

相手の職業と住んでるところ

沖縄県 ウエディングプランナー

趣味

クラブイベント

相手の趣味

クラブイベント

体験談

趣味のクラブイベントで知り合った彼女とは同棲して1年になります。
二人とも外に出る事が好きなので、同棲してからも頻繁にデートには出掛けていました。
しかし、それ以外の日常生活ではすれ違いが多かったのも事実です。
私は研究員、彼女はウエディングプランナーという事で職種が全く違っていたことが生活のすれ違いの原因です。
職種が掛け離れていたので、相手がどのような仕事をしているのかお互いに理解出来ない部分が多かったと思います。
仕事関係の理解不足で喧嘩になってしまう事も多々ありました。
その時の私は「理解してほしい」「どうして理解してくれないんだ」という思いで心がいっぱいだったのです。
恐らく彼女の私と同じ気持ちでいたのでしょう。
喧嘩になる度に「どうして分かろうとしてくれないの」と言われていたいました。
彼女から別れを切り出されたのは、喧嘩によるすれ違いが続いていた頃でした。
確かに喧嘩をする事には疲れていましたが、別れまでは考えていなかったので正直ショックでした。
なんとかその場は切り抜けられましたが、彼女の態度は明らかに冷めてきていました。
この状態のままでは、精神的にも辛く、仕事にも身が入らないため私は悩みに悩みました。
別れた方がいいのかもしれない」という思いもよぎりましたが、やはり私にとって彼女はなくてはならない存在です。
別れるなんて辛すぎる・・・でも打開策がない・・・精神的にもだいぶ追い詰められていました。
そんな時に復縁屋さんのHPを見つけたんです。
少し疑心暗鬼な面もありましたが、そこに救いの手があるならと、連絡を入れました。
身構えていた私に待ち受けていたのは丁寧なカウンセリングでした
一人で問題を抱え込んでいた私は、まだ復縁できた訳ではなかったのに、肩の荷がおりたような感じを感じました。
それだけ悩んでいたんです。
私には差し伸べられる手が必要だったのです。
アドバイザーの方から「復縁したいのなら考え方から変えなければいけません」と言われました。
理解してほしいでは相手の気持ちは変えられない。
理解したい、相手の気持ちを理解しようとする考え方が必要なのだと教えてもらえました。
当たり前の事でしたが、私は目からうろこが落ちたようでした。
自分の事ばかりで私は彼女の事について理解しようとしてなかったのです。
それから、彼女の仕事について勉強し、彼女の考えや思いについて理解を深めていく努力が始まりました。
復縁屋さんは工作員による復縁工作・身辺調査・浮気調査もしてくれるようで、彼女に接近し、色々と復縁のための工作も進められていきました。
やはり彼女は「生活環境の違い」から別れを考えていたようです。
アドバイザーの方と二人三脚でこの溝を埋めるトレーニングを行っていきました。
プロの方から見ても私はだいぶ恋人視点で物事を考えられるように変われたようです。
冷たかった彼女の態度も少しずつ元に戻ってきました。
彼女第一の言動を心掛けていたら、彼女からまさかの「ありがとう」という言葉ももらえたんです。
久しぶりの恋人からの感謝の言葉がこんなに嬉しいものだとは思いませんでした。
彼女の仕事についての勉強も私の復縁の後押しをしてくれました。
「よくそんな事まで知ってるね」と彼女もびっくりしていたほどです。
「分かってくれて嬉しい」と彼女に笑顔も戻ってきました。
復縁屋さんからここまで関係が改善したら大丈夫だろうとお墨付きももらえて私はやっと心の安らぎを取り戻せたのです。
大切な存在を失いそうになり満身創痍の状態の私を救ってくれたのは間違いなくプロの集団の復縁屋さんです。
自分で悩んでいては何も解決しません。
時には復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所など人の手を借りる勇気も必要なのだと学びました。

in
仲良し夫婦の落とし穴・・・。別れさせ屋大活躍!

仲良し夫婦の落とし穴・・・。別れさせ屋大活躍!

別れさせ屋なんて知らなかった妻とは結婚5年目、ケンカもほとんどなく今でも一緒のベッドで寝ていて、セックスも週に一度は必ずしていました。
私は妻のことが大好きで、妻以外の女性など目に入らないほどだったんです。もちろん、同僚に風俗やデリヘルに誘われても断っていました。
そんな私の愛情を、もちろん妻はしっかりと受け止めてくれていました。子どもはまだいませんでしたが、いつか授かるであろう未来の我が子のために、今から名前を2人であれこれ考えては、改めて幸せを感じる日々でした。
浮気とか離婚なんていう言葉は、私たち夫婦の間では、まるで別世界の言葉であるかのようにすら思っていたのに・・・。妻は貞淑な女性であり、パートに出る数時間以外は常に家にいて、家事を完ぺきにこなし、仕事で疲れて帰宅した私を美味しい食事と笑顔で癒してくれていました。
友だちが少ないと自分で言っていたが、実際に私以外の誰かと出かけるというようなことは皆無でした。友だちとランチに行くとか飲みに行くことはおろか、ショッピングに出かけることすらなかったんです。私は、そんな妻を持ったことで、不倫やら何やらに悩む知人たちを他所に安心感に満ちた結婚生活を謳歌していました。妻は、私だけのものであり、私は妻だけのものであると、本気で信じていたほどです。妻の浮気?そんなある日、いつも在宅時はリビングに置きっ放しの妻のスマホが、ないことに気づきました。妻はキッチンで夕食の後片付けをしており、その後ろ姿はいつも通りの妻のものだったのですが何か違和感は感じたのですが、私はそれ以上は何も考えませんでした。
思えば、この時すでに浮気が開始されていたのだと思います。この時を境に妻は、スマホを肌身離さず持ち歩くようになりました。
私は、妻になんとなく「最近、スマホいつも持ち歩いてるね」と聞いてみると妻は一瞬表情を曇らせ、「なんでもないよ」と答えました。
それ以上追求することはしませんでしたが、それでもスマホを持ち歩く妻に、このときの初めて、ほんのわずかの疑念が湧いたのです。それでも、浮気をしているなどとは思わず、むしろあらぬ誤解を避けるための妻なりの防御策なのだと、都合良く解釈していた私でした。しかし、それは大きな間違いだったのです。数日後、妻は入浴中だったので何の気なしにスマホの画面を覗き込むと、たまたまスマホの画面に受信したメッセージが表示された。「また2人で行こうね」差出人は男性の名前。
最初、私はその文面が何を意味するのか理解出来ませんでした。
ここで何となく妻が浮気をしているのではないかということに気付いたのです。
気づけば妻が立っており、妻から1ヶ月ほど前から、その男性と浮気をしているということを告白したのでした。離婚をしてもいいとまで言い切っていたほど、その浮気相手を愛しているとまでも・・・。ですが、私自身は妻とは別れたくないですし、そのまま妻と結婚していたい・・・。復縁したい・・・。そう思いかなり悩んだ時にふとネットで、復縁屋やら別れさせ屋を知りました。

別れさせ屋に妻と浮気相手の別れさせ屋工作を依頼

ここしかもう依頼をすることができなさそうだ・・・そう思い、別れさせ屋に妻と浮気相手の浮気調査と別れさせ屋工作を依頼しました。
依頼をすることで、しっかりと別れさせ屋工作にいる工作員がなぜ妻が浮気をしたかという原因や情報をリサーチしてくれたので、本当に助かりました。
妻の浮気の原因は、実は妻だけではなく私にもあり、私にはない浮気相手の男らしさに妻は惹かれたようでした。
別れさせ屋工作を進めてもらいながらも、自分自身も変わろうと思い私自身も最初大変でしたが言い方は複雑ですが、浮気相手の男のような男らしい男性の変わろうと努力を開始したのです。

別れさせ屋工作開始妻は、その間もその男性との浮気が続いていたのですが、それでも自分自身は努力をしました。
最初はこんなことをしても無理だろうと思っていたのですが、別れさせ屋工作が着々と時間が経過するごとに結果として、目の前の変化が表れてきたことには驚きましたね。
あんなに連絡をこっそりとっていた男性との連絡も日に日に少なくなり、気づけば妻自体が何となく、男性に興味を抱かなくなっているようでしたし、おそらく男性も他の女性に興味をもったのかな?と思えるほどこっそり見た妻のスマホでは、連絡内容の乏しさをかんじましたし。

努力と、別れさせ屋のおかげで、今では妻は浮気相手の男性とは関わらず、離婚したいといっていた時期が嘘のように夫婦仲良く生活することができています。
ここまで夫婦仲良く生活をすることができる状態に戻ることができるとは思っていなかったので、別れさせ屋に依頼をして本当によかったです。

別れさせ屋、復縁屋、浮気調査体験

復縁屋が紹介する復縁したい体験談。誠実さが取り柄の夫がまさかの裏切り

復縁屋が紹介する復縁したい体験談・夫の浮気心がうまれた瞬間を目撃

デリヘル嬢と浮気していても妻とエッチできる男性の心理

復縁屋が紹介する復縁体験談:復縁屋のおかげで再度お互いを想い合えました

in
年下の元夫と復縁したい

年下の元夫と復縁したい

年下の元夫と復縁したい

年齢

30代前半

相手の年齢

20代後半

職業と住んでるところ

茨城県 化学分析員

相手の職業と住んでるところ

栃木県 化学分析員

趣味

インターネット小説(SS)投稿

相手の趣味

インターネット小説(SS)投稿

体験談

元夫とは、共通のインターン手と小説(SS)投稿という趣味を通じて7年ほど前に知り合いました。
お互い化学分析員という同じ職業柄からも意気投合し、相手から告白をされ、無事結婚までたどり着いたのですが、元夫の浮気が原因で離婚する結末となってしまったのです。
年齢も私のほうが年上で、元夫のほうが年下。こういった面もネックだったのかもしれません。
今は、私は茨城県で夫は栃木県で仕事をしているのですが、私は別れた後もやり直したい気持ちで一杯でした。
ですがこの地域差もあり、どうしようもない状態が続いていたのです。
そんな矢先、ふと復縁屋さんのことを耳にしたんです。
これがまさに人生を好転させるきっかけとなったのですが、なぜだか私は普段なら絶対に相談しないであろう復縁屋さんにこのときはすぐ思立って電話で相談をしていたんですよね。
自分の復縁したい気持ちをとにかく切実に復縁カウンセラーの方に聞いてもらっていました。
その際に、別れさせ屋や探偵事務所ではなく復縁屋に復縁工作をお願いしてもらうことを決めたのです。
地域が異なる元夫のへの調査も綿密に行っていただき、私の今の状況にまさにぴったりの復縁工作を作ってもらえたときは本当に驚きましたね。
また、浮気調査の結果元夫浮気をしたというわけではなく、私との交際に負担を感じていたようでした。
確かに、私のほうが年上ということもあり、夫には色々ときつくあたってしまったこともありましたし、厳しい面もあったと今ではかなり反省しています。
この自分の性格をまずはしっかりと改善させることがとても大切だということを指摘され、しっかり自分のこの性格を改善させるように努力を開始しました。
この努力も、意外と簡単なのでは?と思いがちですがなかなか難しいんですよね・・。時にはイライラしてしまい、復縁屋のサポートしてださっている方にも本当に迷惑をかけました・・。それでも粘り強くしっかりと私をサポートしてくれたのは本当にありがたかったです。
共通の化学分析員の研修の際に、元夫と再会し、その際に久しぶりに話をした際に色々と話し合うことができたのですが、
その際に、夫のほうからやり直してもらえないかと話をふってもらえました。
これには本当にびっくりです。これは、夫側に対しても復縁屋の工作員の方がいろいろと動いてくれたお陰もあると思います。
このお陰で今では夫としっかり復縁し、お互いよきパートナーとして生活しています。
仕事の関係上、今はまだ別の地域で住んでいるのですが、今度の異動で、夫の地域で一緒の家に住む予定です!

in