仕事の忙しい彼とのすれ違い

仕事の忙しい彼とのすれ違い

年齢

30代前半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

高知県 保育士(保母)

相手の職業と住んでるところ

福岡県 家具製造・職人

趣味

ミニ家具作り教室参加

相手の趣味

ミニ家具作り教室主宰

体験談

家具職人の彼とは彼が主催しているミニ家具作り教室に私がたまたま参加した事で知り合いました。
教室に何度か通うようになってから、彼からデートに誘われ、そのまま流れで交際が始まりました。
私は高知県で保育士をしており、彼は福岡県で仕事をしていたので、最初は遠距離恋愛でした。
実は彼には子供が一人おり、そのせいもあって遠距離が困難になったので、私が彼の家に転がり込む形で同棲がスタートしました。
幸い、彼の子供も懐いてくれたため、同棲生活にこれといった問題はありませんでした。
ただ、同棲生活が半年ほど過ぎてきたあたりから彼の仕事が忙しくなってきたんです。
最初は寂しさもありましたが、仕事だからと言い聞かせて我慢していました。
けれど、我慢も限界になってきたのか、次第に私は明るく振る舞えなくなってきたのです。
福岡という知らない土地になれていなかったせいも大きかったと思います。
彼に対してもわがままが多くなってきてしまいました。
そんなある日、つい寂しさから彼と喧嘩してしまい、「もうちょっと私の事気にしてよ」と言ってしまったんです。
彼は怒りもせず、悲しい顔で「ちょっと考えさせて」と言ってきました。
その時の彼の顔は今でも忘れられません。
ほどなくして、彼から「仕事で構ってあげられない。これ以上辛い思いをさせたくない」と別れを告げられてしまいました。
私は「大丈夫。寂しくても一緒にいたい」と説得しましたが、彼の決意を変える事は出来ませんでした。
同棲を解消してから毎日泣き続けました。
しかし、泣いてばかりでは、彼は戻ってこないって気付いたんです!
私はこんな弱い自分自身を変えるためにもカウンセリングも行ってくれる復縁屋さんに復縁依頼をしました。
思った通り、まず私自身のカウンセリングをしてもらいました
最初のカウンセリングは復縁したいという意思の強さの確認でした。
後々アドバイザーの方に聞いたのですが、相談してきた当時の私は自信をなくして非常に弱々しく感じたようです。
復縁したいのも、彼が大切なのか失恋が辛いだけなのかはっきりさせた方が良いと判断されたという事でした。
アドバイザーの方の読み通り、意思をはっきりさせた事で、私の中に強さが芽生えてきたのです。
私の弱さを改善するためのカウンセリングとともに、復縁工作も始まりました。
工作員の方が客を装って彼に接触してくれたのです。
そこから浮気調査などいろいろな調査をしていただき、彼の本音を知る事が出来ました。
彼は本当に私の事を思っていてくれて「自分の子供と二人きりにさせるのも申し訳ない。彼女を幸せにする自信がなくなった」と話していたようです。
私の自信のなさが彼の自信を奪っていたんだと気付く事が出来ました。
もっと強くなろうと思い直せたのです。
幸い、彼とは連絡を取り合える仲ではあったので、アドバイザーの方の指示にしたがってメールのやり取りを続けていきました。
彼に子持ちという引け目があったという事もあり、復縁屋さんからはお子さんへの気遣いも示してくださいとアドバイスを受けていたので、「子供は元気かな?また会いたいな」と伝えました。
それが好印象だったのか、彼から家具作り教室へのお誘いがあったんです。
家具教室に参加した後、彼に当時の私は弱かった事、彼と一緒にいれてどれだけ幸せだったのか笑顔で話しました。
私の様子に彼は「なんか明るくなったね」と驚いていたんですよ。
自分改造計画が成功したんだと、心の中でガッツポーズをしたのを覚えています。
何度かデートを重ねた後、彼からの告白で復縁する事になりました。
私が自分に自信を取り戻せて変われたのは、復縁屋さんのおかげです。
相談していなかったら、今頃まだ一人で泣いていたと思います。
的確なカウンセリングとアドバイスで私を成長させてくれた復縁屋さんには感謝しきれません。このような問題には、復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所など専門の業者は非常に頼りになる存在だと思います。

復縁屋と別れさせ屋(工作)のご利用体験をご紹介します。