家族の反対で破局

家族の反対で破局

年齢

30代後半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

大分県 一級建築士

相手の職業と住んでるところ

宮崎県 美術会社スタッフ

趣味

仕事

相手の趣味

異業種交流会参加

体験談

一度結婚に失敗している僕は恋愛に消極的になっていたのですが、不思議とネットで知り合った有希とはすぐに打ち解けました。
建築士の僕と美術会社に勤める有希は芸術つながりで話もあい、お互いになくてはならないパートナーだったと思っています。
少し家が離れていた事もあり、交際して間もなく同棲生活になりました。
僕自身は趣味も仕事という根っからの仕事人間で、家事などはほとんど有希に任せっきりでした。
仕事も忙しく構ってあげられない事も多かったため、有希には悪いなと感じていました。
一方で有希は非常にアクティブな人間で、頻繁に異業種交流会に参加しては人脈を広げていたようです。
社交的で誰とでもすぐに打ち解けられる有希に僕は不安を募らせていました。
自分が構ってあげられない罪悪感と他の男に心変わりしてしまわないかという不安でぐちゃぐちゃになってしまい、口論になる事も多くなりました。
その時から有希は少しずつ暗い顔を見せはじめたのです。
同棲してちょうど1年が経った頃、有希から別れを告げられました。
「ケンカばかりでしんどくなった」というのが彼女から言われた理由です。
説得を試みましたが、有希の決心は固く、結局同棲を解消されてしまいました。
僕は自分の不安感から有希に八つ当たりしてしまっていた事を猛反省しましたが、今反省したところで後の祭りです。
抜け殻のようになり、半年も経ってしまいました。
けれど僕の心から有希が消える事はありませんでした。
心配した友人がそんな僕に、復縁屋や別れさせ屋、探偵事務所浮気調査などさまざまな解決方法を紹介してくれたんです。
半信半疑の状態でしたが試しに復縁屋に相談を持ちかけてみました。
いきなり膨大な着手費用などを請求されるかと身構えていたのですが、そんな事は一切なく、カウンセリングの方本当に復縁したいのか僕の気持ちを最優先に話をしてくれたのです。
丁寧な話やカウンセリングに「これなら信用できる!」と依頼を決心しました。
それから復縁のための復縁工作と僕自身の本格的な改革プランが始動しました。
復縁工作で明らかになったのが、有希の家族の問題でした。
有希の家族は僕がバツイチという事を知り、交際に反対していたようです。
有希は家族と僕との間でサンドイッチ状態になって相当苦しい思いをしていたのです。
僕の離婚歴のせいで彼女を苦しめていたなんて・・・そんな話全く聞いていませんでした。
有希は有希なりに僕を気遣かってくれていたんです。
工作員の方が彼女へ接近し、自分の感情に素直になるように誘導してくれました。
僕は僕でアドバイザーの指示の元、有希の不安材料を消し、彼女の家族に認めてもらうために力を尽くしました。
幸いな事に彼女とは連絡を取り合えるような状態だったので、指示されたタイミング通りに連絡を入れるようにしました。
そして、有希の警戒心もずいぶん解けてきたところで、僕から僕の離婚歴で苦しめてきたのではないかと切り出してみました。
彼女は心に大きな負担を抱えていたようです。
僕から話を切り出した時に、号泣してしまったのです。
有希の口から初めて家族の反対についての話が聞けました。
僕はすかさず、「絶対に家族に認めてもらえるようにする」と伝えました。
有希もまだ僕の事を好いてくれており、復縁工作のおかげでよりはすんなりと戻せました。
しかし、重要なのはこれからだとアドバイザーの方にも諭されました。
家族に認めてもらわなければ、復縁してもすぐに破局してしまいます。
詳細は割愛しますが、復縁屋の様々なサポートの元、ついに僕は彼女の家族に受け入れてもらえたんです。
復縁までだけではなく、その後のケアもきっちりしてくれ、二人の間が確固たるものになるまで復縁屋はサポートしてくれます。
こんなに手厚くプロのサポートを受けられる事ってあまりありませんよね。
復縁屋さんにはもちろんの事、紹介してくれた友人にも頭があがりません。
感謝の気持ちでいっぱいです。